« 「科学の最前線」も面白かった!! | トップページ | 【Web更新8/21】11-34 新・クラウド「整理学」試論 更新! »

新・クラウド「整理学」試論(34)

Dscn8802▼昨日で大賀ハスの蓮根を植え替えてから18週目である。第二、第三の果托が黒ずんできている。
第二の果托に6個、第三の果托に7個の種子ができている。週末までには、収穫できるかと思っていたが、来週に持ち越しそうである。これらを見ていると、あの「あこがれの4日間」の第一日目、第二日目の様子を思い出す。
どこからともなく虫(ハチ)たちが寄ってきて、その結果がここにある。私の大賀ハス物語はまだまだつづく。
▼あらたな「整理」をはじめる前に実は少し戸惑っている。
「不惑」なんてとっくにすぎているはずなのに…。
方向はある程度定まっていた。
●いつでも、どこからでも「検索」できるように「整理」する。
●吟味したうえで、セミパブリックな場に「整理」する。
である。
「整理」対象物をならべてみる。
・書籍、雑誌
・各種ペーパー情報(文書)
・音声情報(講演、研修会、授業などの録音)
・録画情報
・画像情報(アナログ写真を含む)
・モノ情報(教材、教具、実験観察用具なの)
等などである。
 これらのなかでも、圧倒的に多いのが、紙情報(文書)情報である。
▼これに関連して、私は最近奇妙なことばを耳にした。少し前から使われいるらしいが、私が知らなかっただけである。その言葉とは
「自炊」
である。ああ学生時代や単身赴任ときにやるあれかと思ったら違うらしい。
書籍、雑誌、各種紙情報(文書)を自前でデジタル化することだそうだ。
雑誌などを裁断して、ドキュメントスキャナーで読み込みPDF化する。そしてそれらを保存、蓄積しておいて、いつでもどこでも端末でひっぱりだしてきて活用することだという。
 スキャナーが自分で勝手に吸い込んでPDF化するから、「自吸(じすい)」→「自炊」?
興味あるところは、あらゆる文書をデジタル化し、すぐさま「検索」可能な状態で「整理」できるところである。
特に、目新しい試みとは思わないが、
ポンコツがはじめるには、ちょっとした勇気と決断が必要なようだ。
それなりの道具も必要なようだし…。
さあ、どうしようかな。
 

|

« 「科学の最前線」も面白かった!! | トップページ | 【Web更新8/21】11-34 新・クラウド「整理学」試論 更新! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新・クラウド「整理学」試論(34):

« 「科学の最前線」も面白かった!! | トップページ | 【Web更新8/21】11-34 新・クラウド「整理学」試論 更新! »