« サイエンスコミュニケーター宣言(11) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(12) »

【Web更新5/1】11-18「新・私の教材試論」更新!

Dscf8806

門先に こぼれ咲きたる ゴンビかな
 11/04/30 (土)撮影@福崎

■楠田 純一の【理科の部屋】11-18
週末定例更新のお知らせ
 新しい生活をはじめて、一ヶ月がたった。ほんとあっという間の話だ。
定刻どおり動く生活にくらべて、ある面では「自由」とも言えるが、流されたらそのままだ。
時間は自分で毎日作らなければならないから、たいへんと言えばたいへんだ。
そのとき、Web更新/週、blog更新/日、Twitter随時は、とても役に立つ。
ある面で習慣化してしまうと後は、いい面での惰性だ。
くらしに「慣性の法則」は成り立つんだ。

◆表紙画像集2011 人里の植物シリーズ ナツグミ(「ゴンビ」)
 私の家の周辺の風景が一変してきている。日々というより刻々と言ってもいいぐらいである。
朝と夕方ではまったくちがうのだ。変化してしまうと、昔をなつかしむというのが人情というものである。
今の風景をしっかり目に焼き付けておきたい。それがアタリマエの風景であっても…。
 そんなこと思って、家の周辺を見ていると、ずっとずっと幼い頃より馴染んできた「ゴンビ」(「グミ」のこと私のところではこう呼んでいる)に花が咲いていた。溢れんばかりに多数の花が。
 この花が咲くと、田植え思いだし、初夏の風を感じる。

◆「新・私の教材試論」更新 
 私の十八番教材「ピンホール・カメラ」を今一度追いかけてみる。
まだ、まだ続けます。
 

|

« サイエンスコミュニケーター宣言(11) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(12) »

コメント

こんにちは。
庭のリコリスたちも枯れ始めています。
グミの仲間のことをゴンビというのははじめて知りました。花のつき方が似ているガンピ(ジンチョウゲ科)との混同に由来するのかも知れませんね。
とろろで、写真のグミはナツグミだと思います。ナワシログミの花は秋咲(10~11月)です。実が赤く熟すのが田植え時です。
お確かめください。

投稿: kurita siro | 2011/05/03 11:42

こんにちは、いつもお世話になっています。
ご指摘ありがとうございます。
他の方からも「そうかな?」と指摘もあったんですが、田植えの頃に実がなるので名前からだけで、そうと決めつけていました。調べて見ますとおっしゃるとおり「ナツグミ」のようですね。訂正します。
ついでに「ゴンビ」についても「日本植物方言集成」で調べてみましたが、そんなのないですね。
「ごみ」(三重(伊賀・一志))ぐらいですね。
試しにナワシログミについても調べてみましたが、
「ぐんび」兵庫(佐用)
があるぐいでした。

ありがとうございました。
また気づかれたことあれば教えてください。

投稿: 楠田 純一 | 2011/05/03 15:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【Web更新5/1】11-18「新・私の教材試論」更新!:

« サイエンスコミュニケーター宣言(11) | トップページ | サイエンスコミュニケーター宣言(12) »