« 「ウメサオ タダオ展」に行った! | トップページ | 【Web更新4/17】11-16「サイエンスコミュニケーター宣言」新設! »

「大賀ハス」植え替え完了!!

Dscf8413▼2011年4月17日16時。
やっと「大賀ハス」蓮根植え替え完了である。当初の予定より遅れること13週間と1日、本日決行である。
これまでの経緯と様子は、
【大蓮ハス観察日記】
に記録している。この植え替えでこの大賀ハスを育て観察しはじめて4年目になる。
もともと飽きっぽい私がである。自分でも驚いてしまう。
Dscf8490▼決行をきめて、動き始めたのは午前10時だ。
まず近くのスーパーへ走った。元肥を入手するためである。
これもこれまでと同じように「大賀式の栽培法」(『蓮~ハスを楽しむ~』監修北村文雄 ネット武蔵野 より)
にこだわった。身欠きニシンと蒸しダイズを手に入れるためである。去年までは身欠きニシンが手に入れることができず。ニシンの佃煮のようなものを利用していたが、今年はうまく手にて入れることができた。さいさきがよかった。
Dscf8427▼いよいよ観察池を傾け、ひっくりかえして今年の蓮根拝見である。
あんな大きな葉っぱをたくさん広げ、栄養を貯め込んだのである、どんなものかワクワクであった。
Dscf8432ひとつひとつの蓮根は予想していたほど大きくなっていなかった。
しかし、その蓮根ネットワークはすごいものである。
限られた空間のなかであったからこの程度おさまったのだろう。
Dscf8457水道のホースをひっぱてきて水で土を落としていく、やがて全容が見えてきた。
やっぱり驚きである。よくぞここまで…。
Dscf8484▼恐る恐るのばして見る。昨年度のように一本が伸びるというのでなく、複雑に何本かが絡み合っている。
これは、親蓮根を3つ入れたためだろうか。
Dscf8476そう言えば、土の中からおそらく親蓮根であろうと思われるものが土の中からでてきた。
伸ばしてみてみると、これまた圧巻である。
やっぱり植物という生き物は、すごいことをやるもんだ!!
Dscf8503▼いよいよ新しい観察池づくりである。
まず、最初に近くの田んぼの土を入れる。10㎝ばかりだ。
次に、身欠きニシンだ。みつかったのがうれしかったので3パックも買ってしまった。
1パック(3匹分)だけ入れた。
Dscf8510 次にまた土だ、10㎝ばかりだ。次に蒸しダイズだ。
これもちょっと多めに入れてしまった。
Dscf8514▼そしてまた土で、種蓮根である。ずいぶん迷った。
昨年は用心のためと3つ入れた。葉は元気にそだったが、あの「あこがれの4日間」はついには訪れることがなかった。今年は、ひとつだけにしようか。それとも…。
結局は中央にふたつにした。これが、私の優柔不断なところだ。
ふたつにするにしても、どのふたつにするかが問題だ、候補はいっぱいある。
選択肢が多いのも、困ったものだ。
Dscf8536▼なんとか選んで、そのうえからまたしても土をかぶせておわりである。
そこへ深さ10㎝ばかりになるように水を張った。
16時ちょうどに完了である。
今年度も毎週土曜日を定例観察日として、観察を続けようと思う。
どんな展開になるだろう。
Dscf8542▼昨年度は、「あこがれの4日間」は訪れなかったが、一昨年ひとつの花で収穫した種子5個、すべてが発芽するという面白いドラマがあった。残念ながら私の手元に置いた2個と神戸に旅に出た分は発芽後うまく育たなかったが、京都と秋田はどうなっただろう。
 今年は、大賀一郎先生が大賀ハスを2000年の眠りから目覚めさせてから60年目(還暦、私と同い年)の年だ。ぜひとも「あこがれの4日間」をみたいものだ。
 それから、選ばれなかった蓮根をなんかこのまま腐らせるのが「もったいない」という気になったので、瓶のなかに入れておいた。

さあ、2011年度「大賀ハス」スタートである。

|

« 「ウメサオ タダオ展」に行った! | トップページ | 【Web更新4/17】11-16「サイエンスコミュニケーター宣言」新設! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「大賀ハス」植え替え完了!!:

« 「ウメサオ タダオ展」に行った! | トップページ | 【Web更新4/17】11-16「サイエンスコミュニケーター宣言」新設! »