« 【授業】我が家の庭にも「標本箱」が!! | トップページ | 【授業】火山とプレート »

【Web更新2/13】11-07【大地の動きをさぐる】更新

Dscf6330

春浅し 足とめて聞く 木々の声
 11/02/10 (木)撮影@安富

■楠田 純一の【理科の部屋】11-07
 週末定例更新のお知らせ
 なんということだ!もう2月中旬である。残された時間が少なくなってきた。
「忙しさで心を亡ぼすことなかれ」と自分に言い聞かせながらも、やっぱり慌ててしまう。
地球はどうしても等速回転運動をやめない。
ならば
「ゆっくり 急ぐ!」しかないか。

◆表紙画像集2011 校庭の樹木シリーズ クヌギ
 冬芽シリーズを続ける。毎日、毎日おなじ木々を見ていると、そいつらに個性があることがわかる。同じ種類の樹木でも枝ぶりや日当たりの具合なので、違った表情を見せる。
 比較的表情を変えないと思っていた冬場も、冬芽を観ていたら「鼓動」が聞こえてきた。この「鼓動」にも個性があるように感じる。春はまだ浅い、行きつ戻りつ螺旋的に季節が移っていく。
 定例散策コース、しばし足とめて春を待つ木々たちの「鼓動」と「つぶやき」を聞いていた。

◆【大地の動きをさぐる】更新 
 授業としてはまだ数時間しかやっていない。しかし、その面白さにすっかり持病の「ばっかり病」を発症してしまいそうである。今週は、「地層」「化石」「たい積」「たい積岩」へと向かう。
 ここでも一番の難題「時間」が出てくる。さて…。

|

« 【授業】我が家の庭にも「標本箱」が!! | トップページ | 【授業】火山とプレート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【Web更新2/13】11-07【大地の動きをさぐる】更新:

« 【授業】我が家の庭にも「標本箱」が!! | トップページ | 【授業】火山とプレート »