« 【Web更新2/13】11-07【大地の動きをさぐる】更新 | トップページ | 【授業】「地球」から「地域」へ! »

【授業】火山とプレート

Dscf6400▼昨日は再び雪だった。朝、この坂道のぼったときはわずかには春の気配も感じていた。
ところが午後から一変していた。ふたたび、もどり雪だった。
坂道の向かうに見える山も、そして空もも見えない。
春はやはりそんな直線的にはやってこないのである。
▼授業も、やはり火山、マグマにもどっていた。大陸移動説からはじめて「造岩鉱物」まですすめていた授業は
もういちどマグマにもどっていた。
 マグマはどこに、どのようにして作られるのか。
そこにもどっていた。
(1) プレートの生まれるところ
(2) プレートが衝突し潜り込むところ
(3) ホットスポット
(3)はちょっとおいておく。
「プレート」と「マグマ」「火山」のつながりを追っていく。
▼その前に、地球の内部をもう一度みておく。
・地球は、「固体」「液体」!?
・地球は、そもそも何からできているのか?
・地下探検はどこまで可能なのか?
諸々の素朴な「ふしぎ!?」が生まれてくる。
生徒のなかには、すでにどんなイメージができているのだろう。
そこが知りたいところでもあるが、少し時間を急いだ。
▼まずは、地球の「核」「マントル」「地殻」プリントした図に色鉛筆で色塗りをしながら、地表からの距離、温度を確認していく。
そして「プレート」、日本列島をとりまく4枚のプレート、これも塗り絵。
世界の火山、これは赤鉛筆で印をつける。2枚のプリントを重ねてすかしてみる。
プレートの境目とみごとに一致する。
ハワイのような例外もある。それは別にしておく。
日本列島で考える。教科書に準じて図を書いて、プレートの潜り込みと「火山」を確認する。
そして、現在進行形の「新燃岳」へ。


|

« 【Web更新2/13】11-07【大地の動きをさぐる】更新 | トップページ | 【授業】「地球」から「地域」へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【授業】火山とプレート:

« 【Web更新2/13】11-07【大地の動きをさぐる】更新 | トップページ | 【授業】「地球」から「地域」へ! »