« 【授業】「地域」から「地球」が見えてくるとき! | トップページ | 【Web更新2/20】11-08【大地の動きをさぐる】更新! »

「地球」は何からできているのか!?

Dscf6510▼ここのところ愛犬がいなくなってしまってから、家のまわりの散歩をしなくなってしまっている。その面では、ちょっと生活のリズムが狂ってきているのかも知れない。自然の季節の移り変わりをキャッチするのはこの「散歩」にあったわけだから、センスオブワンダーのリズムも少しおかしくなっているのかも。
 昨日は、これはまずいと思い、犬をつれないで同じコースの散歩をやってみた。確かに、春はやってきていた。
Dscf6519▼定点観測の日でもある。
 植え替えから 47週目の大賀ハス。観察池には先週一週間で水が増え、うすい氷が…。氷が張っているがその薄さ故か妙に春を感じさせてくれるから「ふしぎ!?」だ。
次に、ヒガンバナの定点観測地Aへ移動した。こちらも周りが妙に春めいていた。周りのホトケノザ、ホシノヒトミが春の訪れをヒガンバナに教えているようでもある。
▼授業の方は、最終ラウンドの構想を考えていた。
授業とは、ほんとうに面白いものだ。授業のこと考えていると、私自身の「ふしぎ!?」を増幅させてくれる。
「地域」から「地球」を見る授業のこと考えていたら、今度はその「地球」の「ふしぎ!?」が浮かんできた。
そもそも「地球」は何からできているのか?
▼調べてみた。確かに、どこかで学んできたはず、知ってはいたはず。
しかし、「ふしぎ!?」に対応して知ると、驚き、感動するのである。
一番多いのは、酸素だ。酸素46.6%だ、なんと半分近くはあの酸素ではないか。
驚くのは、次だ!!ケイ素Si27.7%である。多いとはうすうすは知っていた。
しかし、1/4強であるとは驚きである。
 こいつのことを私は、あまりにも知らなすぎる。
周期表では、Alの階段のすぐとなり、炭素Cの真下である。
周期表で近くにあるやつは、似た性質をもつ。「私の科学」からの単純なルールをあてはめて考えてみる。
半導体だ。ナルホド!!だ。
▼X'masプレゼントの『世界で一番美しい 元素図鑑』をSiの素顔を見てみる。
おっきれいだ!!
こいつと第一位の酸素と結びついて二酸化ケイ素(ケイ酸)をつくる。
地球のかけらの岩石も石ころ、砂粒もそして「宝石」も。
Siのこと、もう少しくわしく知ることが、「地球」という星をわかることになるのではと思えてきた。
Siに続くのが、Al Fe Ca K Mg …である。
こうして見ると面白い
Feの時代があって、
Alの時代があって、
今は(これからは)Siの時代なのかも知れない。

|

« 【授業】「地域」から「地球」が見えてくるとき! | トップページ | 【Web更新2/20】11-08【大地の動きをさぐる】更新! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「地球」は何からできているのか!?:

« 【授業】「地域」から「地球」が見えてくるとき! | トップページ | 【Web更新2/20】11-08【大地の動きをさぐる】更新! »