« 【Web更新1/23】11-04【溶解】新設! | トップページ | 【授業】「地球」から「地域」へ »

今、冬芽の観察が面白い!!

▼毎朝の定例散歩は、いつもは2度おこなっていた。家での愛犬加奈をつれての散歩と校庭の自然散策である。
両方とも私には自然観察の楽しみを与えてくれていた。たくさんの「発見」ももたらしてくれていた。
ところが、先日、愛犬が亡くなってしまった。十数年一緒に散歩した相棒がいなくなってしまった。
私は、家での散歩を今しなくなってしまっている。
Dscf5807▼今は学校での校庭散歩だけになってしまった。その校庭散歩にひとつ楽しみが増えた。
Webページの表紙画像の取材ということもあって、これまでも校庭のあるいは校庭周辺の樹木の観察というのは楽しみメニューに入っていたが、その樹木観察に「冬芽」の観察が加わった。
もちろんこれまでも、少しは興味も持っていたが、こんなに面白いものかと思いだしたのは最近である。
Dscf5819▼冬芽の観察の楽しみを加速してくれる本に出会った。
◆「冬芽」ハンドブック(広沢 毅/解説  林 将之/写真 文一総合出版 2010.11.20)
である。これは、この本自体をながめているだけでもなんかうれしくなってくる本だ。
 漫然と観察していた冬芽にも、樹木それぞれの個性があるものかと驚く、そしてでは今日の散歩ではこの樹木を確かめてみようとなる。
▼維管束痕の観察も面白い、維管束は植物にとってはライフラインである。その痕跡は生命の証しでもある。
ときにそれは、表情豊かな人間の顔にみえたりしてそれも面白い。
同じ樹木の冬芽の観察であっても、日々ちがうように見えてくる。楽しみはつきない。
しばらくは、冬芽の観察に病みつきになりそうだ。


|

« 【Web更新1/23】11-04【溶解】新設! | トップページ | 【授業】「地球」から「地域」へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今、冬芽の観察が面白い!!:

« 【Web更新1/23】11-04【溶解】新設! | トップページ | 【授業】「地球」から「地域」へ »