« 冬休みの課題研究は…!! | トップページ | 2010『私の読んだ本ベスト3』!!(番外編) »

2010『私の読んだ本ベスト3』!!

▼今年も残すところわずかとなってきた。この時期になると「私の重大ニュース」と「私の読んだ本ベスト○」を書くことにしている。昨年の2009年「私の読んだ本ベスト5」を読んでいたら「ナルホド!!」と思い面白かった!!
やっぱりそうなんだ、このblogのいちばんの読者は「未来の私」なんだ。
そう思ったら、今年もこれをやっておこうと考えた。
▼本を読むのが遅い私は、そんなにたくさんの本を読むわけではない。でも一応、自分なりの読書のスタイルをきめている。
・自分なりの文脈のなかで本を読む。
・イモズル式に本を読む。
などである。それに付け加えて、今年は
「Twitter的読書術」である。
なにもかもが、今年はTwitter的をつけまくりである。
▼それは、ベスト3のなかにも影響していた。「電子本元年」と言われる今年。これからの私の「読書」とも関係してくるのかも知れない。

【ベスト1】 『科学との正しい付き合い方』(内田 麻理香著 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2010.4.15) 

 やっぱり、この本を第一位にあげておく。Twitter的読書術を象徴するような読み方をしたからだ。そのときのことを「すべての理科教師必読!!『科学との正しい付き合い方』」
に書いている。著者とリアルタイムにツナガリながら読む。
こんな経験はじめてであった。そこには「リンク」「シェア」「フラット」「等身大」「リアルタイム」=Twitter的のすべてがあった。面白いと思った。これからの読書だと思った。
 インタラクティブな読書こそが、意味をもってくると思った。もちろん本を読むスタイルのことだけでなく、本のなかみにおいても、なるほどと思わせる説得力のあるもんだった。理科教師必読!!は今も変わらない。
いや、より強くそう思う。

<つづく>

|

« 冬休みの課題研究は…!! | トップページ | 2010『私の読んだ本ベスト3』!!(番外編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010『私の読んだ本ベスト3』!!:

« 冬休みの課題研究は…!! | トップページ | 2010『私の読んだ本ベスト3』!!(番外編) »