« ルクレチウス著『宇宙をつくるものアトム』を読み始めた!! | トップページ | 【Web更新12/5】10-47【気体】更新等 »

新・クラウド「整理学」試論(19)

Dscf4171▼今朝起きて、空を見るとオリオンも大三角形も西に傾いていた。昨夜、床に入る前に見てからだと大きくうごいていた。そうだ、まちがいなく地球は動き、「時間」が経っているのである。
 このアタリマエ!!に感動する。
 昨日見た大賀ハスは、蓮根の植え替えから36週の「時間」が経過していた。
Dscf4165▼「遅れん坊」ヒガンバナの花茎には少しだけまだ緑が残っていた。ふつうのヒガンバナは、師走の光をひとりじめして生産活動に入っているというのに。それでも遅れてきたものにも、遅れたきたものなりの「時間」は保障されているのだろう。花茎の根元からの葉は前にみたと
きよりもずいぶんと成長したように見える。
▼人に会うと「今年も後…」があいさつがわりになってきた。
さすが師走である。久しぶりに「整理」のこと書きたくなった。
もう究極の「整理」対象がなんであるのかはわかってきた。わかったから実践できるというものでもないが…。
佐藤可士和風にならべてみる。
「空間の整理」
「情報の整理」
「思考の整理」
そして、私の場合は
「時間の整理」である。
▼私は、時間の整理をするのに「一時間」とユニットを使っている。
私の使っている一時間は
「DO 50分+休憩10分」である。
これは、ちょうど学校の授業時間の「一時間」なのである。
長年この仕事をやらせてもらってきたおかげで、この「一時間」は体内時計に定着してしまったようである。
ふだんの生活のなかでも
これを利用しない手はない。
この「一時間」を利用して、
今日も究極の整理=「時間の整理」に挑戦してみよう。

|

« ルクレチウス著『宇宙をつくるものアトム』を読み始めた!! | トップページ | 【Web更新12/5】10-47【気体】更新等 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新・クラウド「整理学」試論(19):

« ルクレチウス著『宇宙をつくるものアトム』を読み始めた!! | トップページ | 【Web更新12/5】10-47【気体】更新等 »