« 【授業】金属の三つの特徴 | トップページ | 【Web更新11/14】10-44【物質探検】等 »

「遅れん坊」ヒガンバナには花も葉も!! #higanbana

Dscf3428▼昨日は特別の日、晴れて欲しい日だった。ところがどうも空がはっきりしなかった。これは雲ではないなにかが空をぼんやりとさせていた。
黄砂だ!気象庁の黄砂情報を見た。
ナルホドだ!実況図、予想図を動画でみているとわかる。偏西風だ、我等が地球は回転している!!
▼ことが終わってからだった、そいつを見に行ったのは…。この一週間ぜひとも昼間に太陽の下、それを観察したかったのだ。「遅れん坊」ヒガンバナである。
黄砂で太陽からの光はぼんやりであるが、今しかない観察した。いちばん観察したかったのは、「遅れん坊」ヒガンバナの花茎の足元である。花茎だけがのびているのか。それとも葉も出ているのかだ。
栗田先生にも質問を受けていたことだ。
Dscf3415▼夜明け前の暗がりのなかでの観察だけでは、私は花茎だけがのびていると予想していた。
しかし、それはちがっていた。
枯れた草むらをかき分けて、観察してみた。
「遅れん坊」ヒガンバナは、花も葉もきっちりとみられたのだ。
花茎の元には、花茎を取り巻くように数枚の若い葉がみられたのだ。
栗田先生のおっしゃるように、"葉見ず花見ず"ではなかったのだ!!
Dscf3396▼私には、もうひとつの定例観測があった。大賀ハスだ。もうすっかり葉は枯れていた、もう緑を残しているものは1枚もない。枯れてしまった葉にもなんとも言えぬ趣を感じるのは、ずっとずっと観察を続けて来た故の「ひいき目」のあらわれだろうか。
植え替えから、33週目であった。

|

« 【授業】金属の三つの特徴 | トップページ | 【Web更新11/14】10-44【物質探検】等 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「遅れん坊」ヒガンバナには花も葉も!! #higanbana:

« 【授業】金属の三つの特徴 | トップページ | 【Web更新11/14】10-44【物質探検】等 »