« 【授業】私たちは「大気の海」の底にくらしている!! | トップページ | 【授業】「大気圧」実験アラカルト! »

Twitterはじめて402日目に思うこと

▼いつまでたっても私の持病「ばっかり病」は治らないようである。もう治らないのなら、それを利用するしかないか、と居直り気味になったりもする。今は、「圧力」と「ヒガンバナ」である。そればかりが気になる。
すべてのことを、それとツナゲテみたくなる。ツナガッテいるように見えてくるから「ふしぎ!?」だ。
▼一時は、「ばっかり病」の対象であったTwitterのことを忘れていた。
Twitterを使っていなかったのではない、毎日その世話になっている。しかし、意識しないぐらいに今は、アタリマエになってしまっている。それだけ自分の思考に馴染んでしまったということでもある。
http://twilog.org/junkusudaをみていて気づいた。
今日で、私はTwitterをはじめて402日目になるのである。
昨年の9/23にはじめてから、ほぼ100日目ごとに「Twitterについて思うこと」書き残している。それを今あらためて読みかえしてみていると面白い。
◆新・クラウド「整理学」試論(10)(102日目に思うこと 2010/01/03)
◆Twitterはじめて200日目に思うこと(2010/04/10)
◆Twitterはじめて300日目に思うこと(2010/07/20)
そして、今日が402日目である。
▼100日頃からずっと一貫して使っている言葉がある。それが、「Twitter的」である。
今では
・Twitter的「ヒガンバナ研究」 #higanbana
・Twitter的教材開発論
・Twitter的授業ノート術
・Twitter的「自由研究のすすめ」
・Twitter的自然観察 「雲見」「空見」 #tnk #hosiren 等々

である。こうしてみると、私は「Twitter的」の「ばっかり病」を発症しているのかも知れない。
300日目の最後に書いた「Twitter的の可能性」の追求はまだまだ続くのかも知れない。
自分で書くことながら、500日目に何を書くのだろう。楽しみでもある。

|

« 【授業】私たちは「大気の海」の底にくらしている!! | トップページ | 【授業】「大気圧」実験アラカルト! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Twitterはじめて402日目に思うこと:

« 【授業】私たちは「大気の海」の底にくらしている!! | トップページ | 【授業】「大気圧」実験アラカルト! »