« 【授業】「大気圧」実験アラカルト! | トップページ | 【Web更新10/31】10-42【圧力】新設 »

物質探検三部作を構想する。

Dscf3015▼台風14号が遠巻きに通過していった昨日は、大賀ハス植え替えから31週目であった。もうすっかり葉も枯れている。台風の風の影響だろうか、南の方向に倒れかけている。ちぎれた葉は、水面に浸かっている。そのなかでまだ、最後まで生産活動を行い、蓮根に栄養を送り届けている葉もある。思わず「がんばれ!!」と応援したくなってくる。
Dscf2971▼もうひとつ、私には応援したいものがあった。「遅れん坊」のヒガンバナである。もう10月も終わりであるというのに、今なお花を咲かせているヒガンバナがいる。それでも、もうそろそろ萎れてきているだろうと、「遅れん坊」発見の場所へ行ってみた。前に発見していたものは確かに萎れかけていた。
 しかし、なんと驚くべきことに、その近くにもっと「遅れん坊」を発見したのである。まだ開花前である、つぼみだ。
「はしりもの・かわりだね」の観察は、自然観察の醍醐味である。それらが教えてくれることも多い。
いったいこの「遅れん坊」の「かわりだね」は、私になにを教えてくれているのだろう。
▼授業の方は、【圧力の学習】もあと、「水圧と浮力」を残すのみとなった。
このあとは、物質探検の学習がつづく、「化学領域」の学習である。ここにもいっぱい楽しい「ふしぎ!?」が待っている。昨日の朝から、最近の物質の「ふしぎ!?」研究はどうなっているんだろうと
◆WAO高校生講座「驚異の新素材カーボンナノチューブ」
を見てみた。
 これが実に面白い!!
見はじめたら、やめられなくなってしまった。私にわかるぐらい、ていねいにわかりやすく新素材物質について、その発見から最先端までを解説されている。次は、次はと話の続きを聞きたくなるのだ。
それだけでない。
 最後には「セレンディピティ」と「研究」「発見」の話になる。これが実に面白い!!
▼益々、私自身が物質探険の学習に興味がわいてきた。
 そこで、まずは教科書を見ながら、これからの物質の「ふしぎ!?」を探検する授業の構想を練りはじめた。
○序章
・世界の三大物質
・金属の三大特性
・「火ぜめ」「電気ぜめ」「磁石ぜめ」
・有機物と無機物
・プラスチック
・実験器具の扱い方<技術と安全>
●「気体」の学習
・物質としての「気体」学習
●【三態変化】
・酸素の固体は?鉄の気体は?
●「溶解」
・溶解は化学変化の第一歩

考えはじると、次々と発展してしまう。限られた時間のなかでの授業だ。
より具体的な構想に着手しようと思ってきた。 

|

« 【授業】「大気圧」実験アラカルト! | トップページ | 【Web更新10/31】10-42【圧力】新設 »

コメント

台風が近付きましたね。「台風 天気 石蒜」で検索するとおもしろいものを見つけました。
このブログ記事のコメントに“秋分”という漢詩がありました。去年のですが。
http://blogs.yahoo.co.jp/wth_map/58526290.html

ここに「石蒜」が出てきます。ちゃんと韻も踏まれています。この人は文系、理系、両方の感性を持った人じゃないでしょうか。教師はかくありたいものです。

投稿: 有愁 | 2010/10/31 06:41

有愁さん
コメントありがとうございます。
「石蒜」の情報ありがとうございます。
世間には、確かにすごい人がおられるものですね。
紹介してもらった「漢詩」読ませてもらいました。
こんなすっと書ける人って、どんな思考回路なんだろう。熊楠なみなんだろうな。
そんな気がします。
ヒガンバナ情報今後ともよろしくお願いします。

投稿: 楠田 純一 | 2010/10/31 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物質探検三部作を構想する。:

« 【授業】「大気圧」実験アラカルト! | トップページ | 【Web更新10/31】10-42【圧力】新設 »