« ヒガンバナはどこからやってきたのか!? | トップページ | 【Web更新9/19】10-36【ヒガンバナ情報2010】更新 »

ついに来た!ヒガンバナの初見だ!!

Dscf1304▼昨日(18日)の朝も、ヒガンバナの花茎の姿をもとめて散歩した。寒いぐらいの朝だった。
そして、ついに「発見」した。
 それは、ここ数年のあいだ初見をする場所ではなかった。しかし、同じ田の畦であった。
これまで年の初見は、「そこには十分に水分があったためである」と解釈していた。
なにが変わったのだろう。
そう言えば、今年は初夏に集中して雨がふることがあった。洪水状態になった。
水の流れが少しかわったのかも知れない。
例年であれば、熟れた稲穂とのツーショットがよく似合う初見であるが、今年はすでに稲は刈りとられている。
初見はすでに「開花」した状態のものであった。
Dscf1329▼あまりにも遅かった彼岸花の初見に、ひょっとしたらこのあたりではヒガンバナを見ることがないのではなどという不安も抱くところであった。しかし、そんなことはなかった。
 でも、大賀ハス観察池の方では、ついに「あこがれの4日間」はなく、夏は過ぎ行く。
もう彼岸である。
 今年は、諦めるしかない。すでに、色がかわりはじめた葉もでてきた。
植え替えから25週目である。

|

« ヒガンバナはどこからやってきたのか!? | トップページ | 【Web更新9/19】10-36【ヒガンバナ情報2010】更新 »

コメント

こんにちは。西川です。
そうですね。そういえば、ここらでもまだ、見かけていません。どうなっているのでしょうね。初見ができたらご連絡します。

投稿: 西川徹 | 2010/09/19 16:52

西川さん
おはようございます。
初見されたらよろしく。
「校庭のヒガンバナ」もぜひよろしくお願いします。
「校庭のヒガンバナ」は、とても可能性の大きなとりくみと今も思っています。なにより定点観察が安易であることがいいですよね。

投稿: 楠田 純一 | 2010/09/20 06:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついに来た!ヒガンバナの初見だ!!:

« ヒガンバナはどこからやってきたのか!? | トップページ | 【Web更新9/19】10-36【ヒガンバナ情報2010】更新 »