« 巾着田のヒガンバナは今!? | トップページ | リコリスガーデンも遅れている! »

「#higanbana」とつぶやけば…

Dscf1241▼昨日もでかける前に、定点観測地のヒガンバナにデジカメを向けた。やはり、まだその気配はない。朝の散歩でも注意深く、例年の初見の地点あたりをみるが、花茎が顔を出してはいない。
校庭の土手も、凝視するがその気配はない。
▼しかし、全国ではいよいよとなってきたようだ。
今年のヒガンバナ情報はTwitterを駆使してやってみることを提案している。
Twitterを使いはじめてまもなく一年になる。
使い始めていちばんに感動したのは、その伝播力であった。最初は、ひとつの小さな情報が、またたくまに拡がっていく、その様子はみごとであった。
一年間のあいだには、いくつかのそれを実体験した。
 一方、何年ものあいだヒガンバナ情報を発信してきた。
ふつうヒガンバナは3倍体である。だからみごとな花を咲かせるが、けっして種子ができて、その仲間を殖やしていっているのではない。
 最初にいつの日か、日本に上陸したヒガンバナが、株わかれを繰り返し、河川の水の流れが運ぶ。動物が運ぶあるいは人為的に移動させる等を繰り返して、今、東北の人里まで伝播していった。
長い長い年月をかけて…。
▼そのヒガンバナをTwitterで追いかける。
面白いとりあわせではないか。
やることは簡単だ。
身のまわりのヒガンバナ情報を
ハッシュタグ「#higanbana」をつけてつぶやくだけでいいのだ!!
そうすれば、その情報は世界をかけめぐる。
「ヒガンバナの今」の情報を共有できるのである。
▼Twitterはじめていない人は、試しに「#higanbana」をググってみるといい。
驚くばかり情報が入手できるはずだ。
そしてここでまた、あの言葉だ!!
「情報は発信するところに集まる!」
を体験することになるはずだ。

これは、小さな小さな「社会実験」になるかも知れない。

|

« 巾着田のヒガンバナは今!? | トップページ | リコリスガーデンも遅れている! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「#higanbana」とつぶやけば…:

« 巾着田のヒガンバナは今!? | トップページ | リコリスガーデンも遅れている! »