« ヒガンバナはまだか? | トップページ | 今年のヒガンバナはTwitterで! »

新・「自由研究」のすすめ試論(30)

Dscf0965▼昨日の朝焼けは実にきれいだった。刻々と色は変わっていった。レイリー散乱する故に空は色を変えるという。それには、なんとなく納得したような顔をする。
でも、やっぱりほんとうの「ふしぎ!?」は残っている。
昼間のあの青い青空が、こんな鮮やかな色に変化するなんて、やっぱり「ふしぎ!?」なんだ。
それが面白いのだ。
▼いよいよ、この夏に、それぞれの「ふしぎ!?」を追いかけた「自由研究」の発表のときがきた。
ちらっと見る範囲では、なかなか面白そうなのもありそうである。
同じ「自由研究」でも、それを人にどう伝えるか。それでずいぶんちがったものになる。
ツタエル力も、これから時代には大いに意味あるものになるのだろう。
何をツタエルか少し考えてみた。
(1) なぜその「ふしぎ!?」は生まれたのか。
(2) 「ふしぎ!?」の謎解きをどのようにしたのか。
(3) 「ふしぎ!?」はどこまできたのか。
(4)この研究の面白さ、楽しさはどこにあるのか。
▼どの自由研究にも、そこに固有のツタエルものがあるはず、そこに固有の物語が生まれたはず、
それを聴きたいものだ。
 生徒の発表の前に、私もやってみようと思う。
私の自由研究、今年のテーマは「生命と時間」とする。
(1)から(4)まで、私の等身大に語ってみよう。
どこでも語ったことのないこと。
二度と語らないこと。
等身大にリアルタイムに語ってみよう。
そうすれば、生徒たちの物語が少し見えてくるかも知れないから。

|

« ヒガンバナはまだか? | トップページ | 今年のヒガンバナはTwitterで! »

コメント

ごぶさたしてます。
今晩の趣味の園芸(再放送)のテーマが「秋植え球根」で、
ネリネを取り上げるそうです。
ネリネという花の名を教えてくれたのは、
保育所時代の娘だったんですが(汗)
本人、視たがってたんですけど、
「9時には寝なさい」がお約束なんで…
さて、私はみられるかしら。

今日はプール参観とかで、プールで焦げてきます(子どもたちは水の中だからともかく…)。
その前に、夏休み作品の展示を見ておかなければ。
工作でも絵でもなんでもいいので、
理科関係はあんまりないんですけど、
面白いのがあったら、お伝えしますね。

投稿: いっちゃん | 2010/09/03 09:30

いっちゃん
おはようございます。
「ネリネ」ってヒガンバナ科なんですね。
知らなかったです。でも、どうしてこの花にこだわられたのかな。そんなにきれいなんですか。
見ているかもしれないけど、知らなかったです。

理科の自由研究、発表の前段に
私は、自分の自由研究
「生命と時間」~母の死とクマムシ~を発表してみました。なかなか難しいですね。
次の時間には、生徒の物語を聴きます。
楽しみです。o(^o^)o ワクワク

投稿: 楠田 純一 | 2010/09/04 07:04

通園路のそばの花壇で咲いていました>ネリネ
かわいい花ですよ~
仕事の関係などで、放送は見られなかったのですが(泣)

子どもたちの自由課題ですが、
ほとんどが工作などに走ってます(我が家もそうですが)。
理科につながるのかな、と思ったのは、
4年生でいろんな昆虫の絵を描いてた子(本を見て描いたのかも知れませんが、
それぞれの特徴を良く捉えていました)と、
ヘラブナ釣りの浮きを作ってた子。
科学関係は、まとめるのが難しそうですね。

投稿: いっちゃん | 2010/09/04 09:13

いっちゃん おはようございます。
ネリネ 意識してみるようにしたいと思います。

理科の自由研究というのは、事実、実験結果、観察記録などが要求されますから、時間をかけてという場合が多いですね。
 でも、それは生涯を通しての「研究」のはじまりになるかもしれないですので、けっこうそこの部分が面白いですよね。

投稿: 楠田 純一 | 2010/09/05 06:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/49329450

この記事へのトラックバック一覧です: 新・「自由研究」のすすめ試論(30):

« ヒガンバナはまだか? | トップページ | 今年のヒガンバナはTwitterで! »