« 【授業】「リンゴ」が見えるのは!? | トップページ | 【授業】教室全体をピンホールカメラに!!(2) »

【授業】教室全体をピンホールカメラに!!(1)

▼「理科」が面白い!!と思いはじめたのは、この実験からだ。そして、今、理科でいちばん感動する実験はと問われれば、迷わずこの実験をあげるだろう。
「教室全体をピンホールカメラにする」実験だ。
何度、繰り返してやっても「ふしぎ!?」なものは「ふしぎ!?」なのである。自分で説明していても、やっぱり不思議なのである。
Dscf9359▼この実験には前段があった。実は、この前段こそが、感動なのかも知れない。
机の上を、すべて片付ける。
B4の紙をひとり一枚くばる。暗室にする、光いっぱいでは「光」の学習はむつかしい。
天井の蛍光灯だけをつける。
配られた紙の真ん中に穴をあける、かたちは自由である。大きさも適当だ。
そして、実験机の上をスクリーンとして、ピンホールの実験である。
穴があいているだけで、スクリーンには天井の蛍光灯が映るのだ。
なんという事実、感動の事実!!
穴の影がうつると思っていた生徒が、「えっ、これ蛍光灯!?」とひとりが気づけばあとははやい。
それは、すぐさま伝染する。
穴の大きさによって、焦点が違ってくるのだろうか。
あらかじめ天井の蛍光灯ひとつに細工をしておいた。赤と青の色セロハンをまいておいたのだ。
それに集中して、同じことをやってみる。なんと赤と青の方向は逆転している。
図に書いて考えてみると簡単なことである。
紙なんかなくてもいい。手のひらで穴(すき間)をつくってやってみればいい。それも授業していて生徒に教えてもらったこと。
Dscf9386▼このアタリマエ!!のこと。しかし、感動的な事実。これに感動しない「理科」を私は認めたくない。
「光は直進する。」それだけで済ませることはできない。
では、次に天井の蛍光灯でなく、この教室を真っ暗にして、暗幕に穴をあければどうなるだろう。
それが、次の実験だ!!

<つづく>

|

« 【授業】「リンゴ」が見えるのは!? | トップページ | 【授業】教室全体をピンホールカメラに!!(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【授業】教室全体をピンホールカメラに!!(1):

« 【授業】「リンゴ」が見えるのは!? | トップページ | 【授業】教室全体をピンホールカメラに!!(2) »