« 【Web更新7/18】10-29『新・「自由研究」のすすめ試論』更新 | トップページ | 新・私の教材試論(30) »

Twitterはじめて300日目に思うこと

Dscf9821▼学校の定点観測から見る空にも夏が来ていた。しばらくの「雲見」がうれしい。そうだ、昨日でちょうどTwitterを使い始めてから300日目であった。
 日にちをいちいち数えているわけではないが、twilogが教えてくれていた。これは、日にちだけでないlogのすべてが残っていて面白い。「LOG」としての本来の役割をしてくれている。
「Twitterはじめて200日目に思うこと」を読み返していて気づき面白いと思うことがいくつかある。
・徐々にTwitterそのものことを語らなくなってきている。
・フォロアーの人数、フォローしている人数が安定してきている。
 これまで増える一方だった人数が少し減速してきた。
・ツィートする(つぶやく)数が減ってきている。
・いっときの熱はない。しかし、なかみは濃くなっている。
・USTにもいっときほどの魅力を感じなくなってきた。
・「Twitter的」というコトバを多用するようになっている。
・Twitter的読書=著者とTwitterでつながりながら読むという試みをはじめている。その面白さに気づいてきた。
・量的変化が質的変化に転化してきた。
・・・
まだまだありそうだ。すべてをひっくるめて言おう。
それが、Twitter的!!
▼Twitter的は必ずしも「Twitter」そのものを意味しない。
Twitter的の最先端のツールがTwitterであり、USTであったから面白く魅力であったのだ。
問題はTwitter的であるかどうかだ。
SNSだって、MLだって、他のものだうと、よりTwitter的なものに私は魅力を感じる。

「リンク」
「シェア」
「フラット」
「等身大」
「リアルタイム」

この5つの要件を充たすものそれが「Twitter的」だ。
300日から400日までに私のめざすもの、それは

『Twitter的の可能性』の追求!!
である。

|

« 【Web更新7/18】10-29『新・「自由研究」のすすめ試論』更新 | トップページ | 新・私の教材試論(30) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Twitterはじめて300日目に思うこと:

« 【Web更新7/18】10-29『新・「自由研究」のすすめ試論』更新 | トップページ | 新・私の教材試論(30) »