« 【授業】Twitter的授業ノート術!! | トップページ | 【授業】「リンゴ」が見えるのは!? »

2010年の「峠」にたつとき

Dscf9339▼今日は、6月30日(水)。2010年前半最後の日だ、ここまでに我等が「地球号」は太陽の周りを、半周してきていた。たったそれだけのこと。
 このあいだの日曜日に限界を感じて、もう部屋に持ち込んでいた「チューリップの実」。今、観たらこの湿気のせいもあるのだろう。カビがきていた、慌てて中を開けてみた、種子は無事だろうか。これでちゃんと結実し、次世代へのバトンは準備できたのだろうか。今の私にはわからない。これまた大賀ハスの第二世代の「失敗」をやってしまったのだろうか。
▼今年の前半を終えるところで、あらためて今年の「新年の抱負」を読みたくなった。このblogに記していたものをみた。
◆2010年・新年の抱負
こんなときには、このblogというのは便利である。瞬時にそれをみることができるのだから。
そのなかに3つのことを書いていた。
*************************
(1) 科学をアクティブに楽しもう。
  ・授業で…
  ・くらしで…
(2) 科学をコンヴィヴィアルに楽しもう。
  ・Web、SNS、blogそしてTwitterを駆使して
(3) 私にとってのホンモノ科学を模索しよう。
  ・「常民の科学」
  ・「等身大の科学」
  ・「熊楠の科学」
  ・「ファラデーの科学」
  ・…
**************************
読み返しながら、過ぎし日々に思いをめぐらしていた。
▼こんな気分の時、きまって思い出す「詩」がある。
真壁仁の峠でる。私にとっての真壁は「野の教育論」の真壁であり、「紅花」の真壁である。
そう言えば、山形の紅花畑では、今ごろ一斉にさきはじめているころなんだろうか。

峠にたつとき
すぎ来しみちはなつかしく
ひらけくるみちはたのしい。
みちはこたえない。
みちはかぎりなくさそうばかりだ。 (真壁仁「峠」より)

|

« 【授業】Twitter的授業ノート術!! | トップページ | 【授業】「リンゴ」が見えるのは!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年の「峠」にたつとき:

« 【授業】Twitter的授業ノート術!! | トップページ | 【授業】「リンゴ」が見えるのは!? »