« 新・クラウド「整理学」試論(17) | トップページ | 【Web更新5/16】10-20【植物の世界】更新など »

【祝】理科ハウス二周年!そして…

Dscf7622▼昨日、蓮根の植え替えをした、今年バージョンの大賀ハスは7週目をむかえていた。正規の「観察池」の分は、立ち葉だけでなく、浮き葉もいつのまにやら広がっている。葉をいっぱいに広げ、太陽の恵みをいっぱい受けて、偉大なる作業、栄養の製造に励むすがたは愛おしくもあり、たくましさも感じる。水中にはボウフラたちの上下反復運動もはじまっている。徐々に「生命観察池」に変化してきている。
Dscf7613 一方の、あまりものを入れた「第二の観察池」の方は、すごい勢いで生産活動をやっている。栄養生産活動は、加速度運動をする。生産した栄養を生産活動のエネルギーに消費するからであろか。
おみごと!!
▼今日は、この大賀ハスとも関連して特別の記念日だ。
あの「理科ハウス」の2歳の誕生日である。
ちょうど2年前、この理科ハウスのオープンを記念して、その翌朝(2008.5.17)、阪本さんからいただいていた大賀ハスの種子3個に入刀したのだった。
 それから、地球は太陽のまわりを2周してきた、地球自らは730回転した。
その時間のあいだに、理科ハウスに、大賀ハスになにがおこっただろう。
どんな「理科ハウス物語」「大賀ハス物語」がすすんだのだろう。そして、私はそこから何を学んだのだろう。
▼私は、この2年間のあいだに、残念ながら一度しか訪問していない。
訪問させていただいたとき、ここには独特の空気が流れていると思った。ここの空気をいっぱいすったら科学することが楽しくなると思った。元気になれると思った。
だから、Webページの表紙にこう書いた。
「ここから「科学館」の歴史が変わる」
「「理科ハウス」詣でからはじまる世界がある」
そして、2年!!
これは単なる「呼びかけ」フレーズというのでなく、日々具現化され、実感をともなうものになっている。
これは、すごいことだ。
世界一小さい科学館での「物語」が、これからの「科学」を、これからの「科学教育」を変えていく。
これも新しい「物語」のはじまりだ。
▼「太陽は、昼間見えるから、星じゃないよ」 と理科ハウスにきた小学生がつぶやいた。
「恒星の世界」の導入に悩んでいた私は、これだ!!と思った。
そして「星は、みんな太陽だ」の授業を思いついた。Twitterでのやりとりのなかで起こったことだ。
私は、昨年の9月からひょんな偶然からTwitterをはじめた。ありたがたいことに理科ハウスの館長のモリさんも、学芸員の山浦さんもやっておられる、ほんとうにリアルタイムに「理科ハウスの今」から学ぶことができる。
繰り返そう。
Twitter的…「リンク」「シェア」「フラット」「等身大」「リアルタイム」

私には、今の理科ハウスがTwitter的の象徴にみえてしかたない。
Dscf7631_2▼しかし、如何にTwitter的であっても、先のそこに「流れている空気」までは吸えない。できるだけ早い機会をみつけて、再訪したいものだ。
 そして、2周年記念のお祝いに駆けつけることができない私は、昨年、私のところで結実した第二世代のあの大賀ハス種子2個に入刀する。みごとに発芽する祈りつつ…。

|

« 新・クラウド「整理学」試論(17) | トップページ | 【Web更新5/16】10-20【植物の世界】更新など »

コメント

モリです。
誕生日を覚えていてくださってありがとうございます!
すてきな言葉をいっぱい書いてくださってうれしいです。
私たちは理科ハウスにいてたくさんの人とつながることができ、たくさんのしあわせをいただいています。
毎日「あー、今日も楽しかったね」と言っています。
理科ってほんとに人をつなげてくれます!
みなさんに感謝!です。

投稿: 森裕美子 | 2010/05/16 07:30

さっそくの館長自らのコメントありがとうございます。
先ほど、記念の大賀ハス発芽処理をすませました。
この大賀ハスも、みごとに発芽してくれたらと願っています。
 これからも、理科ハウスからいっぱい「おすそ分け」もらっていきたいと思います。
 よろしくお願いします。

投稿: 楠田 純一 | 2010/05/16 18:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【祝】理科ハウス二周年!そして…:

« 新・クラウド「整理学」試論(17) | トップページ | 【Web更新5/16】10-20【植物の世界】更新など »