« Twitterはじめて200日目に思うこと | トップページ | 【Web更新4/11】10-15『中学校「理科」を構想する』了 »

【授業】『植物の世界』で何を教えるのか。

Dscf6983▼昨日は、新規に大賀ハスの植え替えをして2週間目だった。今年の「大賀ハス観察池」は、なかなか濁りがつづくなと思っていたが、それがやっと澄みだした。その原因と思われることがわかった。それは、土から水面までが浅いのだ。10㎝近くはとったつもりだったが、水位がさがってその半分もあるなしである。しかし、今さら土を出すこともできない。このまま行くしかなかろう。その水面から、巻葉の芽がひとつ立ち上がってきた。なんともなつかしい姿である。いよいよ今年の観察が本格的に始まる。
Dscf6997 今年は、昨年とちょっとちがったことを偶然やってしまった。土に埋めた蓮根以外の候補にあがっていた少し大きめの蓮根を、たまたま近くにあった水瓶にほりこんでいた。もし誰かが、蓮根から育ててみたいという方がおられたら、それを「おすそ分け」しようと思って…。そしたら、そちらの方から、いくつも巻葉の芽がたちあがってきたのである。いっそうのこと、こちらは「水栽培」を試みようかとおもったりしている。
▼この「大賀ハス」に、あの「あこがれの4日間」は訪れるのだろうか。授業でも紹介したいな。この「大賀ハス」のことを…。
 今年は、その機会がありそうだ。『植物の世界』の授業をやるのだから、ときどきリアルタイムに報告をしてみたいと思っている。そう言えば、頭が授業以前のこと、授業周辺のことばかりに行っている。
もうそろそろ本気で、授業のなかみのことを具体的に考えていかねば…。それ以外のことは、その都度触れることにして…。最初にやる単元は、この「植物の世界」である。
▼もう27年も前に、多くの人に協力してもらってつくった授業テキスト【植物の世界】のはじめには、次のように書いている。

 ともかく、もっと、もっとある面では動物以上に動的でダイナミックな、植物のくらし(生活)を前面に描ける授業を創り出したい。

 
この思いは、今もかわらない。あれから、いくつもの「植物」に出会ってきた。
その多様性にも感動してきた。
 個体維持と種族維持にかける植物たちのドラスティクな「生きざま」をみてきた。それをできるだけ、リアルに伝えたい。そしてよりビィビィドな生徒たちの感性が、「植物」をどう捉えるだろう。そこからも大いに学びたいものだ。
楽しみである。
 

|

« Twitterはじめて200日目に思うこと | トップページ | 【Web更新4/11】10-15『中学校「理科」を構想する』了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【授業】『植物の世界』で何を教えるのか。:

« Twitterはじめて200日目に思うこと | トップページ | 【Web更新4/11】10-15『中学校「理科」を構想する』了 »