« 【Web更新4/25】10-17『中学校「理科」を構想する』更新 | トップページ | 【授業】等身大の「ふしぎ!?」続々と(10) »

【授業】等身大の「ふしぎ!?」続々と(9) 

Dscf7211▼何日ぶりかに、朝の定期コースを歩いた。里山の一部が校庭なのか、校庭の一部が里山なのか。どちらでもこちらの都合でえらばしてもらおう。ありがたいことだ、その「校庭」も、新鮮な「みどり」が支配しだした。なんともうれしいものだ。いちばん好きな色を選べと言われたら、私はやっぱりこの「みどり」を選ぶだろう。
「みどり」にも色々ある。きみどりに近いものから濃くなって黒に近いものまで、さまざまである。この色をみて心和むのは、私たちの生命が出発したときの風景の記憶があるからかも知れない。
 あの「空き屋」となったヤママユガの繭も「みどり」の風景に囲まれつつあった。それにしても、この「空き屋」をなおぶら下げているのはどうしてだろう。なにかに必要なんだろうか。またまた「ふしぎ!?」が…。
▼そうだ!!あの等身大の「ふしぎ!?」続けていこう。

・犬はどうして声に出してしゃべれないのかが不思議です。犬も人間と同じように、ごはん食べたり散歩をしたり人間と似ているのに、なぜ声が出ないのか、不思議に思いました。
・髪の毛はどうしてのびるのか。
なにもしていないのにのびるから。不思ぎと思った。
・どうして人は、年をとるのか。
人がおばあさんになっていく姿を見ているから。不思ぎと思った。

・月にはたくさんの形が、あるのは何でかな?形によって名前は、どうきめたのかな?
・電話する時、外国の友達につながるのは何ですか?
・どうして宇宙には、空気がないの?地球やその他の星に空気があって、宇宙ににはないのは何?

・サルから人間にかわったのは本当なのかが不思議です。なぜ不思議に思うかは今のサルは人間にはかわらないのでそう思いました。
・きんちょうするとなぜ心ぞうが今までより、はげしく動くのかな??と思いました。なぜ不思議に思うかは、ふだんは何もない時、心ぞうはふつうにゆっくりドキドキしていますが、きんちょうすると、心ぞうが激しくドキドキなるのでそう思いました。
・地球が無くなり生物が存在しなかったら、宇宙では、どんな事になるかが不思議に思いました。なぜ不思議に思うかは2012年地球がはめつするといわれているからです。

・ぼくの家にはねこがいます。なぜねこの目の中が細くなったり太くなったりするのか。
・「力持ち」は男の方といわれてますがなぜ男と女に力の差ができるのか。
・地球は丸いのになぜ歩いたり、走ったりしているのに地球から落ちたりしないのか。

<つづく>

|

« 【Web更新4/25】10-17『中学校「理科」を構想する』更新 | トップページ | 【授業】等身大の「ふしぎ!?」続々と(10) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【授業】等身大の「ふしぎ!?」続々と(9) :

« 【Web更新4/25】10-17『中学校「理科」を構想する』更新 | トップページ | 【授業】等身大の「ふしぎ!?」続々と(10) »