« 新・私の教材試論(27) | トップページ | 【Web更新3/7】10-10『新・私の教材試論』等 »

新・クラウド「整理学」試論(16)

Dscf6244▼「大賀ハス観察池」に雨が降っていた。49週目である。植え替えからもうすぐ地球は、太陽のまわりを一周してくる。と言うことはアタリマエだが、この大賀ハスも太陽のまわりを一周してくるということである。その間に、この「生命体」にどんな変化が起こったのだろう。そんなことぼんやりと考えながら、観察池の水面に落ちる雨粒をながめていた。
▼一方、「地球の鼓動」たるTwitterの方は、はじめてから地球は太陽のまわりを半周もしていない。今日で166日目である。しかし、大賀ハスの変化にまけないぐらいどんどん変化している。
 昨夜、その私のTwitterにちょっとしたイベントごとがあった。
●「Twitterは何を反映し、何を生み出すのか?」というディスカッションのUSTを使っての実況
である。
 けっこう面白かった。自分の文脈で追いながら、ちょこっとだけリアルタイムにも参加してみた。
 あの「tsudaる」の津田大介さんたちによるものだった。
さすがだと思った。Twitterの今とこれからが語られていた。
大いに同感するところも多かった。
▼それを受けて、もういちど「私のTwitterの今」をまとめておきたくなった。
100日過ぎたあたりで書いていたことをもう一度並べてみる。

【ステップ1】blogとつなごう。とりあえずblog更新の度に「つぶやこう」。
【ステップ2】自分のTLをコントロールをしよう。
【ステップ3】「情報は発信するところに集まる」ここでも有効である。
【ステップ4】等身大の「つぶやき」をつづけよう。
【ステップ5】SNSとTwitter「つぶやき」でつなごう。
【ステップ6】三行レポをTwitterしよう。三行レポの内容は授業報告、実験・観察報告等々である。
【ステップ7】研究会・イベントを「tsudaる」って、「おすそ分け」をしよう。
【ステップ8】Twitterでリアルタイム「自然の観察」やろう。
【ステップ9】Twitterでリアルタイム教材情報を入手しよう。新鮮!!「今」を教材化しよう!!
【ステップ10】Twitterで「授業研究」をやろう。

・これは単なるツールではない、メディアであり、メッソッドあり、コンテンツそのものである。
・ネットの最も原始形それがTwitterである。
・原始形だからこそ、如何様にも進化する可能性を持っている。
・Twitterは「カオス」であり、その分だけ「クリエイティブ」である。
・Twitterは幹細胞のようなもの、いかなる器官にもなりうる。全能性をもつ。
・Twitterは、今、もっともTwitter的である。

基本的には、このときからあまり変化していない。
▼ここのところのタイムラインに現れている変化は、これまでに確認してきたことの実感!!である。
「ほんとうにそうなんだ!!」と再認識の連続だ。
ややホンモノに近づいてきたのかも知れない。
今やりたいこと。それは「ハッシュタグ」と「RT」をうまく活用しての
●「Twitter授業研究会」 #twjugyou
●「電子教科書」具現化への歩み #e_textbook

の展開である。
まだまだ、刻々と「地球の鼓動」は変化していくだろう。

|

« 新・私の教材試論(27) | トップページ | 【Web更新3/7】10-10『新・私の教材試論』等 »

コメント

SNSもTwitter もどうも使いこなせずに,というか,使わずにきてしまいました。
最近になって,やっと楠田さんのミクシーをたまに見るようになったのですが,使いこなせてません。
忙しいなんてことばは,楠田さんはじめみなさんへは使えないことばですよね。
7月にはいって「突発性難聴」で入院していました。
ゆっくりあれこれ考える時間だったのですが,なにも「記録」しなかったのは・・・もったいなかったなあとおもったりもします。
でも,何もしなかったから治るんですよね。

投稿: 小田泰史 | 2010/08/04 16:52

小田さん ご無沙汰しています。
コメントありがとうございます。
応答が遅くなってしまいすみません。
「なにもしない」というのも、勇気ある営みです。
私は、そう思いまれす。
体調も整えられ、生活のリズムも復調してきたところでの情報発信をお待ちしています。
 また、一緒に楽しくやりましょう。

投稿: 楠田 純一 | 2010/08/16 05:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新・クラウド「整理学」試論(16):

« 新・私の教材試論(27) | トップページ | 【Web更新3/7】10-10『新・私の教材試論』等 »