« Twitter的は【理科の部屋】的だ!! | トップページ | 新たな「授業づくり」をはじめよう!! »

雑誌『楽しい理科授業』廃刊に思う。

▼冷たい雨、強い風そしてきびしい寒さ。やっぱり、そうは簡単に春はやってこなかった。しかし、昨夜は久しぶりに夜空にオリオンも、シリウスもみごとな火星もあった。
 また、天気図をみながら、大気の動きと空をくらべることをつづける。
▼前から、MLやSNSで聞いていた雑誌『楽しい理科授業(2010ー3月号No.523)』(明治図書 )が届いた。聞いていたように、この雑誌はこの号をもって廃刊だという。休刊ではない「廃刊」である。
なんとも寂しい気持ちになる。この前身『理科教育』からだと、若いころからずいぶんと長いあいだつきあってきた雑誌である。多くのことを学ばせていただいてきた。
  ときには、拙い文章を載せていただいこともある。私にとっては数少ない貴重な体験をさせてもらった雑誌でもある。それが消えるというのだから…。
 この記念すべき最終号(それとはつゆ知らず)にも拙文「「南方マンダラ」にこれからの理科教育をみる」を載せていただいた。
▼最終ページに名編集長樋口雅子さんの廃刊にあたっての言葉がある。
編集者からみたこの誌への「思い入れ」が書いてある。

「ひとり、荒野に立ち尽くす自分」とイメージしていたこと
小誌の役割も終わりつつあるのではないか-と思うに至っておりました。

 つながる言葉を読んでいるとジーンときてしまう。
でも思うのだ。
 ひとつの時代の終わりは、次なる時代のはじまりでもある。
 廃刊されるのは、雑誌という形態だけで、「こころざし」の終わりを意味しない。
▼ここで思わず真壁仁の『峠』を読みたくなった。

 みちはこたえない。 
 みちはかぎりなくさそうばかりだ。

なにがはじまっているのだろう。
まだ、私には見えてこない。
わかっていることは
 ひとつの雑誌の「時代」が終わったということ、そして何かがはじまっているということ。

|

« Twitter的は【理科の部屋】的だ!! | トップページ | 新たな「授業づくり」をはじめよう!! »

コメント

そうでしたか。廃刊の最終号とは・・・
私はこの雑誌には目を通すことはありませんでしたが、最終号は注文しました。

投稿: sakamoto | 2010/02/13 16:04

ごめんない。阪本さん
今回の原稿は、阪本さんのお名前も出しているので、阪本さんの方に、私から送るべきでしたね。すみません。
まあ、読んでみてください。
 中村さんも書いておられますので、すごく示唆的な文章です。あれ読むだけでも価値ありますね。
ほかにも阪本さんがよく知っておられる方がいいこと書いておられます。けっこう面白いですね。

投稿: 楠田 純一 | 2010/02/14 05:53

ご無沙汰しています。
この雑誌をとおして,楠田さんはじめみなさんにお会いしました。たくさんのことを学びました。
少しの間,感傷的になりそうです。

投稿: 小田泰史 | 2010/02/14 22:48

小田さんおはようございます。
こちらこそご無沙汰しています。
「峠」でしばし…
ですね。また、一緒にいろんなことやりたいですね。

投稿: 楠田 純一 | 2010/02/15 06:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌『楽しい理科授業』廃刊に思う。:

« Twitter的は【理科の部屋】的だ!! | トップページ | 新たな「授業づくり」をはじめよう!! »