« 「つなぎ」続けることの意味 | トップページ | 新・クラウド「整理学」試論(14) »

新・クラウド「整理学」試論(13)

▼やっといつものように「つながる」ようになった。ありがたい!!
つながらない状態になってはじめて「つながっている」状態のありがたさがわかるというものである。この間にも、いろんなことがおこっている。変化は大気の変化だけでない。
Twitterのタイムラインにも多くの情報が流れたようだ。SNS、MLの話題もどんどん動いているようだ。
少し、自分自身の文脈も追いかけてみよう。
▼ここのところタイムラインを流れる情報に気になる情報がある。
それは、『電子教科書』に関するものである。
●電子教科書5つの原則
ひじょうに興味深い提言である。
私のこの「新・クラウド「整理学」試論」のひとつの目標を提示されたような気がする。
「クラウド」と「電子教科書」そこには深いつながりがあるように思えてならない。
▼私は、ずいぶん以前に「Webテキスト」の構想を考えたことがある。
Webで「教科書」
である。もう十年も前の話である。Web上に「テキスト」をつくっておけば、インタラクティブなものになり、常時更新をつづけることができるのではないか、そんな気がしたのだ。
幼稚な発想である。その後、なんの進展もなかった。しかし、「構想」の夢だけはもちつづけてきたつもりだ。
その後、Webは進化した。
 今にわかに、そのことが具体性をもってきた。
 ひょっとしたら「夢」でなくなるかも知れない。
 しばらくぶりにつながったタイムラインを追いながら、そんなことを思った。

|

« 「つなぎ」続けることの意味 | トップページ | 新・クラウド「整理学」試論(14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新・クラウド「整理学」試論(13):

« 「つなぎ」続けることの意味 | トップページ | 新・クラウド「整理学」試論(14) »