« 【授業】「ブラックホール」への興味とは | トップページ | 【Web更新1/24】10-04【地球と宇宙】等 »

宇宙から「地球」を見ることこそが…!!

Dscf5222▼昨日は、大賀ハス植え替え43週目であった。いつも朝方に向けていたデジカメを、お昼過ぎに向けてみた。天気は冬にもどっているといいながらも、どこか春近しを感じさせる。「観察池」の水は少なくなってきている。水はもちろん補給したりしていない。自然のそのままである。見上げた空に上弦の月があった。
Dscf5228▼週末ということで、気持ちのうえ少し余裕をもって授業【地球と宇宙】を見ることができた。実質的には、この学習は終えている。途中になってしまった『Webで「宇宙」を観る』授業をもう1時間とって、終わりにしたいと思っている。私は、ここへきて、「今さら」であるが、この授業の真のねらいに気づきつつあった。
▼私は、この単元の究極の「ふしぎ!?」は「どこにいるのか」「どこから来たのか」にあると思ってやってきた。
それが究極であると思っていた。
この二つの「ふしぎ!?」究明の真のねらいはなにか。それこそが、この学習の真のねらいだ。
それは、
宇宙から「地球」を見ること!!

▼かつて400年前、ガリレオは望遠鏡を使って、未知なる宇宙の「ふしぎ!?」を解き明かしていった。そして、地球中心の宇宙像を、太陽中心の宇宙像を説いた。大胆な仮説と執拗で詳細な観察を繰り返して…。そこにかくして「科学」は誕生した。
 まさに宇宙像にコペルニックス転回が起こったのである。
▼21世紀の今、「地球と宇宙」の学習にも、このコペルニックス的転回が必要である。
 気の遠くなるような、まさに「天文学的」数値、複雑な数式を扱いながら、いつしか「宇宙」を等身大の科学から遠ざけてしまうのでなく、視点をかえてみよう。
 地球からみた「宇宙」の学習でなく、宇宙から「地球」の学習にしよう。

▼そう思ったとき、偶然にもこのシナリオにピッタリの「科学読み物」に出会っていた。
名著とは、聞いていた。しかし、読んだことがなかった。ずっと読みたいと思っていたので、この学習をはじめたときになんとか手に入れていた。その本(「科学読み物」)とは

◆『お父さんが話してくれた 宇宙の歴史 全4巻』(文:池内了 絵:小野かおる 岩波書店 1992)
 ・第一巻「ビッグバン」
 ・第二巻「銀河のたんじょう」
 ・第三巻「生きている地球」
 ・第四巻「生命のひろがり」

である。
これが、今の私にはピッタリだった。
「ビッグバン」にはじまる「宇宙の歴史」のシナリオは「銀河の誕生」「星の一生」へとすすみ、そして「地球の歴史」「生命の歴史」へとつながっていく。見事である!!
 最初の究極の「ふしぎ!?」にも、きっちりと応えるものになっている。
【地球と宇宙】の学習の意義、究極のねらいが見事にシナリオになっている。
このシナリオを授業化できないものだろうか。
あらたな夢が芽生えてきた。

|

« 【授業】「ブラックホール」への興味とは | トップページ | 【Web更新1/24】10-04【地球と宇宙】等 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙から「地球」を見ることこそが…!!:

« 【授業】「ブラックホール」への興味とは | トップページ | 【Web更新1/24】10-04【地球と宇宙】等 »