« 【Web更新11/29】09-48【地球と宇宙】更新 | トップページ | 私の「宇宙」は!? »

【授業】「天動説・地動説 自由自在マシン」

▼師走だ!!なんと早いことだ、特別に地球の回転が加速化してわけがないだろうに、そう感じてしまうのである。例によって、朝起きるなり外に出て、我が「まるごとプラネタリウム」プロジェクトを実施した。今朝の発見は、西に傾いたオリオンの先に沈ん゛でいく月があった。へー、こんなところに沈んでいくんだったのかという驚きである。
この「方向」も「時間」もみんな、元々はこの「天体の観察」からはじまったものだ。
 そんなあたり前に驚きながら、師走がはじまっていく朝だった。
▼【地球と宇宙】の授業をつづける。
「運動」からはじめている。
太陽→太陽の日周運動→星の日周運動
地球が一日に一回自転しているために、このように「天球」に貼り付いた「太陽」「星」がこのように見えるんだ。
というのがこのシナリオの落ちである。
 それで、ほんとうにわかるのだろうか。わかっているのだろうか。
相対運動の認識は、口で言うほど簡単ではない。
何度も、何度も「のぼりおり」を必要とする認識である。
Dscf3864▼そこで、このマシンの登場である。【理科の部屋】で話題になったとき、ひじょうに興味あった。
開発者の「理科教材開発研究室」の山下先生にお願いして、現物をひとつだけわけてもらった。一年前の話である。私は、このときを待っていた。
 いよいよ使わせていただくときがきた。一年前に「なるほど!!」だったものも、いざセッティグとなると忘れてしまっている。また、【理科の部屋】でお聞きした。
 そして、天球のなかに、人形をセットした。一挙に「なるほど!!」がよみがえってきた。
Dscf3855▼授業では、最初に「直径13㎝の地球儀」にわけていただいた「人形」のひとつを立てて、手動で自転をさせてみた。
そして
「これを、天球も一緒に考えると…」
とこの「天動説・地動説自由自在マシン」を登場させた。
そして
「地球を自転させると…」モーターのスイッチをいれる。
「へぇー」と興味深げに見ている。
その次の瞬間、今度は、地軸をもって停める。こんどは逆に天球が回転をはじめる。
赤いシールの太陽が東からのぼり、西に沈む。
青いシールのオリオンが同様に回転をする。
その瞬間に「なるほど!!」が生まれる。小さくうなずく生徒もいる。
ひとつしかないので、机間を持ってまわりながら何度か、くりかえす。
モーターで自動でうごくのに、興味をもったのか、授業がおわるなり、スイッチオン・オフを自分でやってみたく何人かの生徒が前にあつまってきた。

|

« 【Web更新11/29】09-48【地球と宇宙】更新 | トップページ | 私の「宇宙」は!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【授業】「天動説・地動説 自由自在マシン」:

« 【Web更新11/29】09-48【地球と宇宙】更新 | トップページ | 私の「宇宙」は!? »