« 【授業】「天動説・地動説 自由自在マシン」 | トップページ | すべては「観察」から始まる。 »

私の「宇宙」は!?

Dscf3892▼師走の初日の空は晴れていた。久しぶりに「天気表2009」に○を書き込んだ。これをもふくめてのプラネタリウムそれが「まるごとプラネタリウム」だ。夜になると月がすばらしかった。今日が満月だろうか。
▼「太陽・月・星のこよみ」を見ていると、日本人宇宙旅行記念日と書いてある。
1990年秋山さんが「宇宙」旅行を記念してということらしい。あれから、はやくも20年近くたつのか。
なんか、年月のたつのはやさを感じてしまう。
あのころから、私の「宇宙」は変化しただろうか。
▼以前、この単元を学習のスタートの質問(発問)は、決めていた。
『あなたが、弟や妹・小学生に「宇宙」ってどんなところ(どんなもの)?」と聞かれたら、どう答えますか。言葉だけでなく絵や図も書いて答えてみよう。』  
いろいろ出てきてけっこうおもしろかった。単元が終わるときにも同じ質問をした。
自分で説明のしかたに進歩があった。
「これが、学ぶということだ」と確認して終わった。
今回はやっていないので、最後にだけでも聞いてみたいと思っている。
▼西はりま天文台の黒田武彦先生が、以前『星空散歩』(神戸新聞総合出版センター)に書いておられた。
天文台に寄せられる質問のベスト3は次のようなものだと
1 宇宙の果てはどうなっているのだろう。
2 ブラックホールって何だろう。
3 宇宙人っているのだろうか。
この事情は、今もかわらないのだろうか。聞いてみたいものだ。
▼ところで、私たちは、とりたてて「宇宙って?」に答える機会があるかないかは別にして、誰もが「宇宙」についてのイメージをもっているのではないか。つまり
誰にも、私の「宇宙」がある。
いつのころからか
私はこのことに確信をもつようになった。
今回も、「まるごとプラネタリウム」プロジェクトすすめながら、
私自身の「宇宙」の進化を図りたい。

|

« 【授業】「天動説・地動説 自由自在マシン」 | トップページ | すべては「観察」から始まる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の「宇宙」は!?:

« 【授業】「天動説・地動説 自由自在マシン」 | トップページ | すべては「観察」から始まる。 »