« 「常民の科学」は、今 | トップページ | 「熊楠」とこれからの理科教育 »

【Web更新11/1】09-44【水溶液とイオン】更新

Dscf2742
 紅葉や ぶらさがりたる 生命あり
 09/10/29 (木)撮影@安富

■楠田 純一の【理科の部屋】09-44
週末定例更新のお知らせ

 11月初の更新である。更新と言っても、恒例のパターンである。blogのエントリーをWebベージに貼り付けるだけである。それに表紙画像を変えて、今週の一句を添えるだけだ。
 いつの間にやら、それも今年になって44回目を数えるようになっていた。毎週同じことを繰り返すというのもけっこう面白い作業だ。いつのまにか、それが「くらし」のなかに入ってきている。Webページとblog、それに加えて最近はTwitterだ。このTwitterという「小道具」なんとも無限の可能性を秘めているように思えてならない。
 自分自身の内部のなかでも、Webとblog、blogとblogをつなぐためのツールになりつつある。

◆表紙画像集2009 校庭の樹木シリーズ アメリカフウ
 昨日の校区内の散策でも、たくさんの樹木についての知識を教えられた。木の面白さをあらためて感じ入った。まちがなく「くらし」のなかに樹木とのつきあいがあると思った。それは、自然とのつきあい方の典型であるとも思った。「遊び」「食」「農」「ゆたかなくらし」「美」「芸能」…そして「科学」
 色づく校庭の樹木たち、たしかに冬仕度に入っている。でも生命はどこまでもつながっている。

◆【水溶液とイオン】更新
 帰ってきた「イオン」の学習がすすんでいく。どう考えてもおかしい。こんな面白い、そして大切な「イオン」が中学校理科から消えていたなんて。
 「イオン」に触れない物質学習とはなんだったのだろう。
 せっかく帰ってきた「イオン」を、前にもどすだけでなく、新たな展開を考えてみたいが、全体の流れは、やっぱ以前の通りになってしまっている。
 それが「有効」ならそれもいいかも。しかし、軌道修正はフレキシブルにやっていきたいと思っている。

◆新・クラウド「整理学」試論 更新
 「試論」そのもものではない、「ファラデー」にふれたエントリーをここに入れた。
42年間続けた「ファラデーの日記」、パラグラフをつけての検索術、ここには、まちがいなく21世紀の今、これからの「整理学」の原初なるものがある。
 

|

« 「常民の科学」は、今 | トップページ | 「熊楠」とこれからの理科教育 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【Web更新11/1】09-44【水溶液とイオン】更新:

« 「常民の科学」は、今 | トップページ | 「熊楠」とこれからの理科教育 »