« 「電池」の科学・技術史に学ぶ | トップページ | 新・クラウド「整理学」試論(7) »

これぞ「おしっこ電池」だ!!

Dscf3438▼周囲の里山がどんどん色が変化していく、どこを切り取っても一幅の絵画を見ているようである。この絵画は「完成品」ではないからなお面白い。刻々と筆を加えられている。背景の「空」も刻々と変わる。一日のあいだにも時間帯によってまったくちがった趣である。この「変化」こそが、この絵画の真骨頂なのかも知れない。
▼頭の片隅に「電池」があった。
昨日、帰宅後Twitterをみていた。面白そうな情報があった。次のようなニュースの紹介である。
◆「おしっこ発電、無線で信号 立命館大、おむつに応用」
 科学と技術
 電池とは
 電池の歴史
 電池でなにが起こっているのか
 電池で教えるのは
いろんなことが混沌と頭のなかにあった。
読んでみた。これだ!!と思った。面白い。
「おしっこ電池」だ!!
これぞ「ガルバ-ニ電池の原理」(1791)の発想そのものではないか。
電池の歴史はここからはじまったのだ。
▼やっぱりそうだ。理科教育でやることが少し見えてきたような気がした。
・科学・技術史の有効性
・原理・原則
・原理・原則を使っての謎解き
・等身大の「ふしぎ!?」を追いかける試み

教材「電池」にも応用してみよう。そんな勇気をもらったようなニュースだ。

|

« 「電池」の科学・技術史に学ぶ | トップページ | 新・クラウド「整理学」試論(7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これぞ「おしっこ電池」だ!!:

« 「電池」の科学・技術史に学ぶ | トップページ | 新・クラウド「整理学」試論(7) »