« 【Web更新9/13】09-37「ヒガバナ情報2009」更新 | トップページ | 校庭のヒガンバナは »

今年もヒガンバナを追う

Dscf0717▼気が付いたら、やっぱり今年も「ヒガンバナ」を追っていた。散歩でも、車にのっていても、どこにあっても目がヒガンバナを追っている。
・いつ開花するだろう
・この球根はどこからやってきたのだろう
・誰が、いやなにがそこへ運んだのだろう
それを考えながら、ヒガンバナを見ていると、そのヒガンバナの「歴史」を追いたくなる。
それができるのも、日本のヒガンバナが「種子」をつくらないからだ。
Dscf0734▼ヒガンバナを追っていると、いろんなことが付随して見えてきたりする。
それもまたおもしろいのである。
仕事で、南北に長い校区を車で往復する機会が昨日あった。
北の端にいったとき、ずっと気になっていた「あれ」を見た。すごかった。
「あれ」とは、「表紙画像集2009」にも、校庭の樹木シリーズの番外編としてあげた。
ヤマボウシである。
たくさんの花をつけている姿もすばらしかった。樹木の花で、この花が文句なしにいちばん好きだ。
やさしいクリーミィな白、そして中央に緑。なんとも表現しがたいような自然そのものの美しさをもつ花だ。
その花の「その後」がずっと気になっていた。
今度行ったときは見よう見ようと思いながら、昨日になってしまった。
見事だった!
花もすばらしかったが、この鈴なりの実もすばらしい。
花ができて実がなる。当たり前のことだが、これにもまた感動してしまう。
花と実もセットにして、やっぱりいちばんの「お気に入り」にしておこう。

|

« 【Web更新9/13】09-37「ヒガバナ情報2009」更新 | トップページ | 校庭のヒガンバナは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年もヒガンバナを追う:

« 【Web更新9/13】09-37「ヒガバナ情報2009」更新 | トップページ | 校庭のヒガンバナは »