« 新・「自由研究」のすすめ試論(10) | トップページ | 「日食」に何を見るのか(2) »

「日食」に何を見るのか

▼一日、一日と夏休みが近づいてくる。それまでにやっておかなければいけないことも、いっぱいだ。例によって並べてみて、プライオリティをつけて行く作業が必要だ。
そのなかに、「日食」があった。
理科の教師としては、これははずすことができない。ずいぶん前から、この日のことは意識だけはしていた。ただそれだけだ。何をどうしようとは、今なお考えてはいない。やっぱり、ゆっくりな私である。(^^ゞポリポリ
▼「等身大の科学」を標榜する私として、「何を」「どのように」観ることを呼びかければいいのだろう。少し、具体的に考えるときがきている。
 授業としては、中学3年に一時間だけ、特設時間をとれるようにお願いした。
では、そこで何をやればいいのか。ゆっくりと考えはじめた。
▼教科書もこの日を意識して特設のコラムをつくっている。私の、基本的なスタンスを確認しておく。
○単なる、「お祭りごと」に終わらせない。これを、【地球と宇宙】の学習への足がかりとする。
○何が起こるのか。予想をしてから「観察」する。
○あえて特異な「観察」は必要ない。無手勝流でそれを「観察」するに徹する。
○日常の「生活空間」のなかで、これを体験しておく。
○この「ふしぎ!?」体験を、記録しておく。後日、人の体験記録にも眼をやる。 等

▼今すぐに手に入る「情報」を、いくつか見ておく。
○私の過去にやってきた授業【宇宙への旅】のアウトライン
 もう少し、残しておくんだったな。(^^ゞポリポリ 今回は少しでも残そう。
Logoa_port_list○今年は、世界天文年だ。そこにある「世界天文年2009 日食観察ガイド」
 ここでは、かなり詳しく「日食」の楽しみ方が紹介されている。
○理科関係雑誌
 多くの雑誌が特集を組んでいる。ざっと目を通してみようと思う。

それから「一時間の授業」を構想してみようと思う。

|

« 新・「自由研究」のすすめ試論(10) | トップページ | 「日食」に何を見るのか(2) »

コメント

モリです。

私も頼まれて22日に近くの小学校で4年生3クラス親子参加のイベントを行います。

晴れるといいですね。
雨になったらビー玉万華鏡作りをやる予定です。
(そっちのほうが楽しそうなんていうお母さんもいました)

日食については、やはり相対性理論が証明された話がしたいですね。あまり難しくならないようにしようと思っていますが・・・。

投稿: モリユミコ | 2009/07/11 00:36

おはようございます。
コメントありがとうございます。
それぞれの人の「日食」観測がある。面白いですね。

>日食については、やはり相対性理論が証明された話がし

これ、ぜったい面白いですね。
後日でいいですから、この話ぜひ教えて下さいね。
よろしくお願いします。
いろんな科学者の「日食」観測の話が聞きたいな。
石原純は、なにか書き残していますか。

投稿: 楠田純一 | 2009/07/11 09:07

モリです。

日食とアインシュタインが深く関係あるっていうことは知らない人が多いと思います。
でも、「石原純」展をやったときに感じたのですが、子どもたちはアインシュタインの名前はわりと知っているんですね。日食を通して興味がつながるといいのですが・・・。
うまく話せるか自信はありません。

投稿: モリユミコ | 2009/07/11 23:44

おはようございます。
今、少し興奮しいます。
そうです、これです。\(^O^)/
いろんな観察ガイドに目をやっていましたが、ここにふれたものがなかったですね。私も、完全に意識外でした。
 
気づいてみると、ふしぎです。なぜ、触れないんだろう。(ひょっとしたら、私が意識していなかっただけかも知れないが)私には、今の理科教育の在り方とすごく関係しているように思います。

「日食」がますます楽しみになってきた。o(^o^)o ワクワク

投稿: 楠田純一 | 2009/07/12 03:33

アインシュタインの相対論を証明したのは、
皆既日食観測で、背後の星の位置のズレを検出したためですよね。観測したのは当代きっての天文学者のエディントンです。(天文学の業界でもハッブルに並ぶ巨人です)

残念ながら、日食と同時に星の位置を検出するのは、皆既日食でなければならず(部分日食では無理)。さらに、かなり精密な測定が必要です。

現在では、宇宙空間で人工日食を起こすことが容易くできます。
http://sohowww.nascom.nasa.gov/data/realtime/c2/512/
もっともこれで、相対論を証明できるかというと難しいでしょう。太陽の近くは観測できないので。

この手のことに関心があるのでしたら、朝日新聞出版からでている 完全ガイド皆既日食 がおすすめです。ネタの宝庫です
http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89-%E7%9A%86%E6%97%A2%E6%97%A5%E9%A3%9F-%E6%AD%A6%E9%83%A8-%E4%BF%8A%E4%B8%80/dp/4022505834

投稿: 渡部義弥 | 2009/07/12 09:45

皆さんの書き込みを見て、
アインシュタインと日食とのつながりをはじめて知りました。
理学部出身の夫に尋ねてみます。
知らんかったらもぐり扱いしちゃおうかな…?

投稿: いっちゃん | 2009/07/12 17:58

渡部さん ここへ来てプロの登場ありがたいです。
さすがですね。
人工「日食」なんて考えたこともなかった。
最先端からのコメント・アドバイスこれからもよろしくお願いします。
 今回の「日食」を、ひとつのきっかけにしたいと思っています。

投稿: 楠田純一 | 2009/07/13 05:22

いっちゃん
どうでした?
実は、私もよく知りませんでした。
わずかに知っていても、それらはバラバラでした。
こんなの「つないで」考えるはじめてでした。
面白いですよね。

投稿: 楠田純一 | 2009/07/13 05:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/45587522

この記事へのトラックバック一覧です: 「日食」に何を見るのか:

« 新・「自由研究」のすすめ試論(10) | トップページ | 「日食」に何を見るのか(2) »