« 【Web更新5/31】09-22【運動とエネルギー】更新 | トップページ | 【授業】「仕事の原理」と生活 »

【授業】「仕事」とは

Dscf2631▼6月に入ったからもうすぐ梅雨がやってくるだろう。そしたらこの「青空」が恋しい日々になるだろう、青空を見上げながら、朝に「呼びかけた」南極の空のこと思いだしていた。帰ったら、南極から「こだま」が返ってきていた。
やっぱり「つながっている」!!感動であり、実感である。
▼昨日から一週間、2年生は「トライやる・ウィーク」にでかけた。それぞれの事業所・職場で「仕事」を体験するのだ。もう長い取り組みとなった。
 さて、それを一年前に経験した3年生。その彼・彼女たちが「仕事」って言う言葉を聞いて、この「トライやる・ウィーク」を連想するのはごく自然なことのようだ。
 それとは違う「仕事」。
理科で言うとこの「仕事とは」と入っていこうとするが、ほんとうは、どのように頭に入っていっているのだろう。
それは、私にもわからない。
▼移行措置で帰ってきた部分である。これなしでもエネルギーはやっていた。
「仕事」をここに戻して、「エネルギー」つないでいくわけだ。
「仕事」をここに戻していく必然はどこにあったのだろう。そのことを認識することは、授業をより豊かに展開するためには、ぜひとも必要なことように思う。
そして、あらためて思う。
 「力」「運動」「仕事」「エネルギー」こんな概念が、日常概念とどう重なったり、遊離したりしながら生徒の頭の中に、心の中におさまっていっているのだろう。そのことにすごく興味がでてきた。

|

« 【Web更新5/31】09-22【運動とエネルギー】更新 | トップページ | 【授業】「仕事の原理」と生活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/45209408

この記事へのトラックバック一覧です: 【授業】「仕事」とは:

« 【Web更新5/31】09-22【運動とエネルギー】更新 | トップページ | 【授業】「仕事の原理」と生活 »