« 偉大なり!位置エネルギー | トップページ | 【授業】「エネルギー」これから »

【授業】エネルギーいろいろ

▼世の中には、まだまだいっぱい「ふしぎ!?」や面白いことがある。自らのレセプターが鈍ってしまっていて見逃していること、聞き逃していることがいっぱいだ。
 いっちゃんからの情報で「山電姫路駅のオブジェ」にふれての
◆http://www.conductorless.org/memo/me1
の情報があった。私は、トンチンカンな応答しか返していなかった。ところが、「スペース ワープ」を組み立てて、それを見せてた大人は「これ」言うのだった。
『ああ、いつか山電の姫路駅、山陽百貨店のところに…』と。
やっぽどこのインパクトが強かったのだろう。そう言えば、私にもかすかな記憶が…
▼これが置いてあるところも面白い、けっこう関係しているところもある。例の「ピタゴラスイッチ」の情報ともあいまってこれは面白い発展があるかも知れない。
 この夏 流行の自由研究テーマ工作編のヒントがこんなところにあるかも(^^)V
▼【授業】に話をもどす。
完成した「スペース ワープ」を持ち込むことで、すでに終えている「力学的エネルギー保存の法則」も終わりである。私自身が味わった「感動」を感染させたかった。
 しかし、生徒たちは、その上を行っていた。
「おお…」「すごいな」とは一応 言ってはくれたがそれだけでは終わらなかった。
自分でもふれたがるのである。手を出さずに鑑賞して「感動」なんて、ありえないのだ。
考えてみればアタリマエだ。
コース選択をコントロールしようとする。
つかさず、「まゆだまコロコロ」の鉄球をもってきて、鉄球の数をふやして挑戦しようとする。コースのレールのあいだをあけて、下のコースに直接落下させ(まさにワープさせ)ゴールさせようと落下させようとする。
「既製」では満足しない。静観からは「感動」は生まれないのである。
自分でもレベルアップしたものに挑戦したいと言う。
私は、そんな生徒たちの様子に「へー、そんなものなんだ」と感心してしまうばかり。
▼「エネルギー」の授業は次へ行き、教科書にそってエネルギーいろいろをあげ、「エネルギー変換」「エネルギー保存の法則」でまとめ終わりとした。
取り上げたエネルギーは
・熱エネルギー
・電気エネルギー
・光エネルギー
・化学エネルギー
・音エネルギー
・弾性エネルギー
である。
 それぞれのエネルギーについて、これまでに学習してきたことの「小ネタ」のオンパレードである。「小ネタ」もやりかたしだいで、面白教材のいくつかのストックはある。だからふくらますことも可能と言えば可能だ。
▼「21世紀を生きる君たちには、この「エネルギー」こそが、最大の課題だ」
「エネルギーのこと、これからもいっぱい考えていこう」とも言った。
それは、そうだとずっと思っているし、これからもそうであると思う。
でも、私にはすっきりしないものがある。
それは、こんな大切な「エネルギー」概念に関すること、これだけにしていいのか。
ということだ。
・エネルギー概念形成のためのカリキュラムの準備
・今のままでは、「エネルギー」が誕生して以降の200年がとんでしまっている。
・「21世紀のエネルギー」を考えるベースになるコース・教材は(・_・)......ン?
授業は終わっても宿題は多い。

|

« 偉大なり!位置エネルギー | トップページ | 【授業】「エネルギー」これから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【授業】エネルギーいろいろ:

« 偉大なり!位置エネルギー | トップページ | 【授業】「エネルギー」これから »