« 新・私の教材試論(17) | トップページ | パラダイムシフトが必要! »

私の「小さな決意」

▼年度のはじまりは忙しい。次から、次へと「こと」がやってくる。
心の中で
「忙しさで、心を亡ぼすなかれ」
と、唱えてはみるが、それは「祈り」に近くなる。
こんなときは、どうするか。いちばん楽しいことを自らに語りかけてみる。
論語にある。

「知之者不如好之者、好之者不如樂之者」

いい言葉だ。実にいまこその言葉だ。
方向が見えなくなったら、いちばん「楽しいこと」を語ろう。
▼いちばん楽しいこと、今の私には「授業」だ。さして、すばらしい授業を展開しているわけではない。
ポンコツ頭が思考するような授業はそんな確かなものがあるわけではない。
しかし、断言できることがある。
私にとって、今いちばん楽しいこと、それは授業だ。
これをいちばんに持ってきたら、忙しさを超えての「自分」をみつけることができるかも知れない。
▼昨年度、ほぼ全ての授業をここで書いた。
ほんの数行だけのこともあったし、授業から発展して、自分自身の「学び」「学び合い」のことに広がったこともある。
久しぶりの授業は、ほんと楽しいものだった。ここに書きとめることによって、「楽しさ」は何倍にもふくらみ、
次なる授業をつくることができた。
 今年度もこれをやろう。
これが、多忙さのなかでの小さな私の決意だ。

|

« 新・私の教材試論(17) | トップページ | パラダイムシフトが必要! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の「小さな決意」:

« 新・私の教材試論(17) | トップページ | パラダイムシフトが必要! »