« 【授業】天気図を書こう-(2) | トップページ | 一年間の授業をふりかえって »

【授業】「ふしぎ!?」いつまでも

Dscf0423▼今日は、春分だ。昨日の午後から、雲のようすがおかしい。と思ったらやっぱり今朝は雨だ。ポツリポツリと降り出したのだ。昨日、雲が空を覆いだした頃、理科室に置いていた例の「晴雨予報グラス」の水位がうんとあがっていた。やっぱり、ある程度は反映しているのかな。アリマエであるが…。
▼春分で、ちょうど天文学的にも、分け目の日にあわせるがごとく、今年度の私の授業も終わった。ずいぶん久しぶりのまとまったかたちでの授業だったが、昨日で終わった。
 今、これを書くことによって、中学2年生の一年間の全授業をなんらかのかたちでblogに書きとめたことになる。初期の目標を達成したことになる。\(^O^)/
▼さて、その最後の授業いろいろ考えたが、コンピュータ室で幕ということにした。天気図を書いていた。今年の3月15日の天気図を書いていた。各地の天気、船舶からの報告は、書きとめたものを地図上に書き写すは宿題としていた。そして、いよいよ漁業気象である。
 ここをやらなければ、天気図を書いたことにならない。しかし、パーフェクトなもの期していては時間がいくらあってもたまったものでない。低気圧、閉塞前線、温暖前線、寒冷前線。いくつかの低気圧、高気圧。練習をしてみた、やりながなら少し自分で納得してしまった。
「天気図」を書きながら、この単元の総復習ができる。
▼最後が等圧線だ。いつもなら二本いうところ、このときは一本だけだった。
天気の変化は「気圧」だ!
それを繰り返しながら、ひいてみた。
さて、この天気図、プロはどう書いたのだろう。実際に雲はどう動いたのだろう。この後、どのように天気は変化していったのだろう。それをWebでみることにした。
それが、これまでとはちがったかたちだ。
これはなかなかよかった。
▼残りの時間で、気象庁黄砂情報デシタル台風:雲画像動画アーカィブ(全球画像)(自分の誕生年月分必須)等は必須としながら、今日の「天気予報」をWeb探検をさせた。
▼霧中になって、天気図をかいたり、Web探検をやっている生徒の姿をみていると、やっぱり「ふしぎ!?」の謎解きは面白いなとつくづく思った。
 この一年間、生徒たちと「授業づくり」を通して、自分の「ふしぎ!?」の謎解きをやってきた。
実に楽しかった。どのひとつとして、「終わってしまった」ものはない。むしろ「ふしぎ!?」はふくらんだぐらいだ。それがまた面白い。
 いつまでも いつまでも…。

|

« 【授業】天気図を書こう-(2) | トップページ | 一年間の授業をふりかえって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【授業】「ふしぎ!?」いつまでも:

« 【授業】天気図を書こう-(2) | トップページ | 一年間の授業をふりかえって »