« 新・私の教材試論(14) | トップページ | 【Web更新3/29】09-13「新・私の教材試論」更新 »

大賀ハスを植えかえる。

Dscf0701▼昨日は、ちょっと離れたところで「送別会」があった。出かけるまでに、やっと「大賀ハス」の植えかえをした。先週から、ポリ容器などを準備して時間ができるのを待っていた状態だ。
昨年の5月17日に発芽処理をし(「大賀ハス入刀!!」参照)その後、一粒だけが発芽した。それを、自家製観察鉢に植えかえ一年間観察してきた。ときどき、このblogでも報告してきた。
植えかえの作業をするということは、この地下の蓮根にお目にかかれるということでもある。
ひっくり返してみると、底の方に、二重三重にとどろを巻くような状態だった。
Dscf0719▼ちょっと想像していたイメージとちがっていた。もう少し、太めの蓮根が、「レンコン!」という感じで横たわっているのかと思っていた。土をシャワーで落としてみて、さらに驚いた。ものすごくながくのびているのである。
とどろを巻いているのを、のばして測ってみた。なんと、全長2mちかくまでのびているのである。驚きである。
あの一粒がこんなになるとは、大賀先生も、こんな感動を味わったのかな、最初の一年目のとき。
「光合成」という営みのすごさに感動である。
Dscf0765▼さていよいよ分根である。どれを二年目に使うか迷うところである。見るところ、5つぐらい候補が考えられる。すでにいくつもの葉芽をだしている。欲張りな私は、いちばん大きな蓮根に育っている部分を中心に、4つをひとつの容器で育てることとした。これが、失敗のはじまりかも知れない。(^^ゞポリポリ
でも、どうしても2年目で途絶えさえてしまうことは避けたい。石橋叩きすぎて壊してしまうことにならなければいいが。
 後の部分についても、一年目の容器に入れて「敗者復活用」とした。
Dscf0783▼次なる作業は、2年目の活躍の場所づくりである。ポリ容器も、ちょっと大きめ径が75㎝高さ35㎝(100L用)のものを使うこととした。
 土は、畑の土をつかうこととした。「育て方」については、検索をかけてみると、くわしくいろんなページをみつけることできたが、ここはこの大賀ハスを私にわけてくださった阪本さんの「大賀池日記」本「蓮~ハスをたのしむ~」(ネット武蔵野 北村 文雄監修)を参考にしました。本にある「大賀式の栽培法」(P27)というのを真似ました。
肥料として、「みがきにしん」「大豆」をつかっておられる。これって大賀先生がやった方法だったんだろうか。
そう思うと、ちょっとこだわってみたくなったのだ。
 スーパーで買い込んだ「にしん」(煮たものしかなかった(^^ゞポリポリ)「大豆」をつかってみた。
Dscf0796▼下ごしらえできいよいよ、四つの蓮根を容器に配置して、土をかぶせ、水をはりスタートである。
2年目の観察は、2009年3月28日(土)がはじまりである。
本や、ネットでの情報を見ていると、2年目に花が咲くことは少ないようだが、葉がどこまで成長するかが楽しみである。3年目の開花まで、なんとか行き着きたいものである。
 はやばやと、種ができたらお分けする約束までしてしまった方もある。 p(^^)qガンバッテ!
 
どんな展開が待ち受けているのかな。o(^-^)o ワクワク

|

« 新・私の教材試論(14) | トップページ | 【Web更新3/29】09-13「新・私の教材試論」更新 »

コメント

こんにちは。ついに植え替えられたようですね。基本的には植え付けの時の蓮根は3節となっていますが、2節でも充分育ちます。一鉢に4本というのは多すぎるような気がしますが、一つ一つがそれほど大きくないから、まあいいでしょう。
肥料ですが大賀方式にこだわるのも良いですが、市販の有機肥料の方が成分がそろっているので効果にむらがないように思います。成長の具合を見て追肥してやって下さい。花芽形成にはリン酸を、根茎の形成にはカリをやや多めにしてやると良いようです。

投稿: sakamoto | 2009/03/29 17:37

おはようございます。阪本さん
さっそくのアドバイスありがとうございます。
直系の指南役をもつ私はラッキーですね。\(^O^)/
(゚o゚)ゲッ!!植え替え蓮根「3節」が標準とは…
なんということだ、いきなり
なんとかなるとおっしゃってもらってちょっとほっとしています。
 肥料の方は、アドバイスのとおり、追い肥をしていきたいと思います。2年目に開花なんてことはありえますか。

投稿: 楠田純一 | 2009/03/30 04:11

おはようございます。今日は離任式です。私は何とか留まりましたが、来年はどうなるか・・・
2年目に開花はありえます。現に発見された大賀ハスがそうでした。

投稿: sakamoto | 2009/03/30 05:14

わあ、すごいですね!

同時期に植えた理科ハウスのハスは夏以来どんどん元気がなくなり残念ながら枯れてしまいました。
薬の入れ方が良くなかったのでしょうか・・・。

うーん、理科ハウスとともに成長してくれることを祈っていたのですが、祈るだけではだめでした。
無念です!

投稿: | 2009/03/30 12:20

理科ハウスの株は枯れましたか。残念!
わが家に、昨年大賀池で自然発芽した株があったと思いますので、それを差しあげましょうか?蓮根ができているのかまだ確認してませんが。

投稿: Hsakamoto | 2009/03/31 05:23

阪本さん おはようございます。
コメントありがとうございます。
では、2年目開花もあり ということですごくはげみになります。時期を、追い肥の指示をお願いします。
<(_ _)>

投稿: 楠田純一 | 2009/03/31 06:25

森さん おはようございます。
この大賀ハスは、元々理科ハウスのオープンを記念して育てはじめたものですから、なおさら生き残ったこいつの使命は大きいですね。がんばります。また、声をかけてやってください。<(_ _)>
 

投稿: 楠田純一 | 2009/03/31 06:29

2年目開花どころか、発芽したその年に咲くこともあります。私は試みたことありませんが、ハス栽培に熟達した方の中に成功例はあります。

投稿: sakamoto | 2009/03/31 07:17

阪本さん
続けての応答ありがとうございます。
なんと、一年目にですか。大賀ハスも奧が深いですね。
その「可能性大」と聞けば、さらに楽しみ増えます。(^^)V

投稿: 楠田純一 | 2009/03/31 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大賀ハスを植えかえる。:

« 新・私の教材試論(14) | トップページ | 【Web更新3/29】09-13「新・私の教材試論」更新 »