« 【授業】質量保存の法則 | トップページ | 【授業】定比例の法則(1) »

【Web更新1/18】09-03『新・教材試論』更新

Dscf8746 冬空に 実も似合いたり 百日紅
 09/01/15(木)撮影@安富

■楠田 純一の【理科の部屋】週末定例更新のお知らせ
 はやくも今年に入って、3回目になってしまった。それだけ日にちが過ぎたということでもある。一日一日の生活にも「個性」があるように、一週間一週間にも「個性」があるのではと思ったりする。
 かつて、「生活綴り方」の子どもたちは、生活を「作文」というかたちで書き綴ることによって、自らの生活をみつめ、心豊かな生活をつくりだしてきた。
 私は、今、それを見習って生活を書きつなごう。書く営みによって「つないでいく」。
そしたら、きっと何かが見えてくるそんな予感がする。
 私は、ゆっくりだ。立ち止まることはあるかも知れない。
でも、休んだら、また出立!

◆表紙画像2009更新 校庭の樹木シリーズ 百日紅
 夏の花と言いながらも、名前の通り、長きにわたって校庭でその優しくあでやかな姿を楽しませてくれた。
2階の教室に座って、外を見ていたら、ニョキッとのびた枝の先に、夏の花の実が。
寒の空には、この実が妙に似合っていると思った。

◆実践DB【化学変化】更新
 今回の「はじめに原子ありき」からはじめた授業ももう終盤である。「鉄と硫黄の化合」の定番実験を経て、「質量保存の法則」まできている。後は「定比例の法則」で終わる。
 「二十一世紀の原子論者」は育っているのだろうか。自らはどうだろう。

◆『新・私の教材試論』更新
 気まぐれにはじめたこの「試論」も、いつのまにか(7)まできている。
3A1Aの法則3Hの法則は、どこまで有効なんだろう。大先達の「教材論」に、共感するものを「再発見」してうれしかった。
これからも、多くの人の「教材論」から学んでいきたい。教材史にもすごく興味が出てきた。


|

« 【授業】質量保存の法則 | トップページ | 【授業】定比例の法則(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【Web更新1/18】09-03『新・教材試論』更新:

« 【授業】質量保存の法則 | トップページ | 【授業】定比例の法則(1) »