« 私の【重大ニュース】2008(完!) | トップページ | 高村光太郎『牛』は実にいい! »

新年の抱負2009

Dscf8120 初春や 夢ふくらませ 不思議解く
  @福崎  2009 元旦
 今年もよろしくお願いします。

▼さあ、2009年のはじまりである。まずは、この最初のエントリーを書き始める。年が変わったら、なにかが突然と変わるわけではない。数時間前の夜が、いつもの朝になるだけ。
 でも、気分がちがう。
まちがいなく「新しい朝」だ。元旦である。
恒例により、「新年の抱負2009」あげておく。また、今年の大晦日に読むために。

◆今年もblogを書き続けよう。
 これをいちばんに持ってきた。昨年に引き続き、ともかくこれだけは書き続けようと思う。それが、どれほど有効な「知的生産」の営みであるかに、気づきはじめたから。
中味は、いろいろ変わっていくかも知れないが、ともかく「書く」にこだわり続けよう。
できるだけ等身大に、
楽しく
最大の読者=「未来の自分」のために

◆blog、SNS、Webページでヒューマンネットワークを楽しもう。
 「楽しさ」が力であることも、これまでのヒューマンネットワークから教えてもらったこと。「響き合い・学び合い・高め合う」ネットワークの構築は、
ずっとずっと願ってきたこと。
これは今年も…

◆究極の「時間」の整理学を身につけよう。
 「空間の整理」「情報の整理」そして「思考の整理」と追求してきた。
そして、気づきはじめたんだ。
究極は「時間」だと。
生命体も「時間」の流れのなかにある。
大地も、空も、海も山・川も すべてのモノも
全宇宙が、「時間」の流れのなかにある。
「時間」の整理学は、スピードアップすることではない。
等身大に、この「時間」の流れをとらえていくこと。
それはむしろ、「ゆっくり」と日々の営みを繰り返すことなんだ。
それは、自分なりの「時間」の流れを創造すること。

◆「不思議解き・謎解き」を生活化しよう。
 自分の「不思議解き」「謎解き」 と日常生活、全然別個のものではないし、対峙するようなものではない。
むしろ、それが同次元で展開することにこそ意味がある。
 一時間一時間の授業のなかで、生徒たちとともに
日々の営みのなかで、不思議を「発見」し、感動する。そしてさらなる「謎解き」への意欲が高まっていく。
それを至福の楽しみとする。
そんな「生活」をしよう。
まとめて言おう。 今年は
●「ゆっくり 楽しく …」
である。

|

« 私の【重大ニュース】2008(完!) | トップページ | 高村光太郎『牛』は実にいい! »

コメント

明けましておめでとうございます。

昨年に続き、年越しは男鹿半島の悪払いの神事、ナマハゲに参加しました。

地域のおとなたちが若者や子どもたちを育む姿に、胸があつくなりました。今年もどうぞよろしくお願いします。

http://www.namahage.ne.jp/namahage/oga/oga.htm

投稿: | 2009/01/01 10:08

 どうも、早々の新年のご挨拶ありがとうございます。
私も、40年近く前(学生のころ)に、マナハゲが見たくて、お正月にそちらに出かけたことがあります。
ずいぶん昔の話ですが…。そのときのこと思い出してしまいました。
 今年も、よろしくお願いします。<(_ _)>

投稿: 楠田純一 | 2009/01/01 11:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年の抱負2009:

« 私の【重大ニュース】2008(完!) | トップページ | 高村光太郎『牛』は実にいい! »