« 「雲見」のすすめ | トップページ | 【授業】上空のようす(2) »

「雲見」のとも(非接触温度計)!

Dscf9023▼昨日は、意識的にはじめた「雲見」二日目、なんとこの日は見るべき「雲」がない。
全天を見渡す、ほんとうにめずらしい。どこを見てもまさに「雲ひとつない」天気なんである。こんな日にこそ「青空」授業やってみたいな。
▼昨日の宮澤賢治の「雲見」の話から、「雲見」のすすめを書いたときには、なんの道具も、準備もいらないと書いたが、それはその通りでだからこそ「すすめ」を書いたのだが、あると滅茶苦茶面白いなと思うものがあった。
それは、すでに私は手に入れて使っていたものである。
「非接触温度計」というシロモノである。
こいつはいい!!
こいつは「雲見」を何倍も楽しいものにしてくれる。
手に入れたのは、ちょうど一年ほど前である。このblogでも関連した記事を何度か書いている。
スキー場で、「天からの手紙」が送られてくる空に向けたり
炎天下のグランドで、青空に向けたり
真夏の東京の空に向けたり
大賀ハスを追った府中への旅の空に向けたり
等々いろいろやってきている。
▼昨日の「雲見」でも、雲一つない青空にこれを向けてみた。なんと
「-17°~-15°」を示すのだ。
(゚o゚)ゲッ!!  やっぱりだ。「上空へ行けば行くほど温度は低いのである」
雲は、こうして発生するのである。
その「からくり」を想像するのに必携のアイテムだ。
「雲見」のともに最高!!
いよいよ、こいつの授業での「本番」が近づいている。
さあ、どのように…。

|

« 「雲見」のすすめ | トップページ | 【授業】上空のようす(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「雲見」のとも(非接触温度計)!:

« 「雲見」のすすめ | トップページ | 【授業】上空のようす(2) »