« 高村光太郎『牛』は実にいい! | トップページ | 「授業」を語るのは楽しい。 »

ノーベル賞と新・教材試論

Dscf8581▼昨日は、早朝より我が家恒例の「能勢妙見山」初詣に家族ででかけた。これは、もう何十年と続けている。私が小学生のころから、今は亡き父親がここに連れて行ってくれた。私の記憶に残る唯一の「家族旅行」だった。だから、単なる初詣以上の意味をもつんだ。
とここまで書いて、このblogの去年の「今日」をみてみた。驚きだというか「進歩」のないというか。(^^;ゞポリポリ
まったく同じことを書いている。ちょっとは「進化」したところをと言うことで、山頂で例の非接触温度計を雪の降るなかに向けてみた。おお寒い。
▼帰ってきてから、再び年賀状の整理をした。そして、外に出たついでにコンビニで「週間文春 新年特大号」を買った。コンビニで本を買うなんてはじめての経験だ。なぜ、その雑誌を買ったかというと、ひとつの記事を読みたかったからである。いつもお世話になっているシェーマさんの本が紹介された記事である。
あった。
●「ドコバラ! 竹内久美子 NO.055「特別編:ノーベル賞の秘密は美にあり!?」(P160)
いや、なかなか面白いではないですか。竹内先生ってなかなか面白い文章をかかれる先生なんですね。
私が知らなかっただけか。
「ドコバラ」なんだ、これはなんだと思ったら、「ドウブツ コウドウ学 バラエティ!」の略らしい。なんかウィットがありますよね。と思ったら、この連載が本になっているとか。
「やっぱり」、みんなが感じること同じなんだな。へんに納得である(゚゚)(。。)(゚゚)(。。)ウンウン
ソノハナシハ\(^^\) (/^^)/コッチニオイトイテ
 お目当ての「文章」はあった。こうだ!

…こんな美しいタンパク質を私は他に見たことがありません。ぜひ見てほしい。その際には、『パソコンで見る動く分子辞典』(本間善夫、川端潤著、講談社ブルーバックス)をお薦めします。この本にはDVD-ROMがついていて、大まかな立体構造で見たり、一個一個の原子組み上げられた構造で見たり、それらを回転させて見たり、といろいろ楽しめます。略(P161)

▼では、これはどんな文脈のなかで出てきたのか。
それは、あの例のノーベル賞の下村先生のGFP(緑色蛍光タンパク質)についてなんです。
オワンクラゲのGFPのすばらしさ、すごさを竹内久美子先生はこう言っています。
 ここが最大のポイントで、医学の分野などで次々応用の利くのはこの単純さのおかげなのです。下村さんはGFPの美しい光に魅せられて、これほど美しいからには何かがあると直感したそうでが、その通りだったのです。(P160)

 いいですね。
「単純さ」
「美しい」
「魅せられて」
すごく納得です。そして、ここからは完全に我田引水モードです。
私には、「すぐれた教材」も同じだ!!
と「我田」に結びつけて考えてしまうのである。
昨年から、私は『新・教材試論』をはじめた。そのなかで、すぐれた教材の「第一法則」
3K(感動・簡単・きれい)1A(安全)の法則
という我流の法則を提唱した。
それと同じことを言っているように読めてしまう。これは、自己満足にすぎないでしょうかね。
▼その下村さんが、朝日新聞平成20年12月30日の「時の人」年末インタビューなかのトップ登場し、自らの人生と「研究」を語っている。この人のすごさにあらためて感動する。そして、自らを「ぼくはアマチュア化学者だ。ちゃんとした有機化学の教育を受けていないが、そこが強みでもある。」と言い切る下村さんに惚れてしまう。
▼もうひとつある。
同じく朝日新聞だが元旦に特集を出している。その第3部『学ぶ楽しさ』である。その一面はこの「美しい」オワンクラゲの写真を記載している。そして、谷川俊太郎さんが「かすかな光へ」というすばらしい詩を寄せている。

3つの記事をならべてみながら、「ゆっくりと楽しく」今年の自分の「学び」を思う、正月二日目であった。
さあ、今日は正月三日目、なにに・・・。

|

« 高村光太郎『牛』は実にいい! | トップページ | 「授業」を語るのは楽しい。 »

コメント

シェーマです。拙著紹介,ありがとうございます。楠田さんの教材論とも関係しますが,最近「科学とアート」にもこだわっているので竹内さんの文章はありがたく思っています。なお,GFPの構造は以下でも見ることができます。
http://www.ecosci.jp/chem10/gfp.html
※文春についてのブログ記事
http://d.hatena.ne.jp/ecochem/20090101/1230801391

投稿: ecochem | 2009/01/03 08:52

シエーマさんコメントありがとうございます。
「科学とアート」ですか。それも面白そうですね。
GFPがすぐ見えるようにしていただき 感謝。
こうして、次々と人がつながっていくのは最高に楽しいですね。今年も、いっぱいよろしくお願いします。

投稿: 楠田純一 | 2009/01/03 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞と新・教材試論:

« 高村光太郎『牛』は実にいい! | トップページ | 「授業」を語るのは楽しい。 »