« 【授業】化学式を使おう(3) | トップページ | 【祝】【理科の部屋】は、今日15歳に\(^O^)/ »

【授業】炭酸水素ナトリウムの熱分解

Dscf7612
 はやくも「はじめに原子ありき」ではじめた【化学変化】の授業も4時間目である。
ここまでは、いろんなモノを見せてきてはいたが、実際の生徒実験はまだであった。
いよいよ本格的にここの授業がはじまるという感じである。こちらも、なにかワクワクするものがあるのである。
実験最初の物質は、「炭酸水素ナトリウム」
名前と化学式だけの予告は、すでにやっていた。
実際に使う薬品としては、薬品棚のものを使うのだが、
「家の台所なんかには、こんなものとしておいてある」と
「重曹」「タンサン」「ベーキングパウダー」等の商品名のものを見せた。
「生活」のなかに理科がある。
「理科」とは生活を科学すること。

これを印象づけたいのだ。
Dscf7607▼これまでの3時間で主だったものについて化学式を学習してきている。
ここも、学習した化学式を使って考えることからはじめたい。
「NaHCO3」を原子モデルで表す。
そして聞いた。
「これをガスバーナーを使って、加熱しようと思う。これまで勉強してきたことで考えてみよう。
ガンガン熱するンや」
「…(・_・)......ン?」考えている。
さらに
「あっ、原子の数は関係ないよ、これは代表選手を書いているだけやからな…」と。
なんと最初に生徒から飛び出してきたのは
「O3」(オゾンである)前の時間に単体のところで、ちょっとだけふれていたので、その記憶が新しかったのだろうか。あとは
「CO2」
「O2」
「H2」
とつづく。そして「H2O」が出てきたのは最後であった。
それぞれの確認方法、それ以外にできそうなものについては、教科書を参照することにした。
▼いよいよ実験にかかる。
この雰囲気は大好きだ。いかにも楽しげである。
実験装置組み立てからして、ちょっとうまくいかないところもあるようだ。でも、それはそれでいろいろと学んでいるのである。
「ホンモノ」や「実験」は、教科書にはない情報をももたらしてくれ、ときにこちらが意図した以上の「学び」がうまれる。それが面白い。
イントロがちょっと長かったかな(^_^;)
「まとめ」は次になってしまった。


|

« 【授業】化学式を使おう(3) | トップページ | 【祝】【理科の部屋】は、今日15歳に\(^O^)/ »

コメント

 黒板に書いてある、NaHCO3の分子モデルは間違っています。
    Na
    O
    C O
    O
    H
 が正解だと思います。NaとHは陽イオンどうしで結合することができません。

投稿: 石丸 秀幸 | 2012/05/18 19:35

石丸 秀幸さん
どうも、指摘ありがとうございます。
言われてみるとそうですね。ここでは化学式そのままの順序でそこまで考えていませんでしたね。
ありがとうございます。

投稿: 楠田 純一 | 2012/05/19 17:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【授業】炭酸水素ナトリウムの熱分解:

« 【授業】化学式を使おう(3) | トップページ | 【祝】【理科の部屋】は、今日15歳に\(^O^)/ »