« 【授業】化学式を使おう(1) | トップページ | 【授業】『原子みんな寄せたら(・_・)......ン?』 »

【授業】化学式を使おう(2)

Dscf7535▼朝からいちだんと冷え込んでいる。天気のツボをみていたら、今シーズン一番の寒波襲来らしい。昨日、雲は厚くなっていた。あの雲はなんだったのだろう。「上がるとザアザア…」いや、これからは「上がるとシンシン…」だろうか。鳥取の方では、雪が降ったという。ひょっとしたら、そんなことを考えてしまう。この地域の冬ははじめてである。微妙に住んでいるところとちがうようである。
▼原子からはじめた【化学変化】の学習の二時間目つづきを続ける。
その前に、もうひとつのクラスでも、「はじめに原子ありき」をやった。
『驚くべきことに、この世の中のすべてが、この百種類あまりの原子の組み合わせによってできている』自分で言いながら、今さらのごとく驚いてしまうのである。
教科書にアンダーラインをさせなから、身の回りのもの示しながら、「自分の身体も太陽も月も夜空の星々も、そして宇宙そのものも…」
(゚o゚)ゲッ!!いつのまにか興奮してしまって繰り返し同じことを繰り返している自分がいた。
授業のつづきだ。
水の分子モデルの水素結合のところまでだった。
深入りするつもりもないし、私もよく理解できていないことを言うつもりはない。
しかし、やっぱり不思議なんだ。
なんで真横についていないだ。水素というやつは。
「不思議やな、でもこれがすべての原因かもしれへんな。もうすぐ冬、池には氷が張るけどあの氷、池の表面からはるけどそれも、電子レンジチンして温まるのも…」
いつの間にか、横道にそれそうだ。(^_^;)
▼モデルを示したあとは、分子式→化学式である。
書き方のルールを少しゆっくり目に話をする。
水の次が、二酸化炭素、一酸化炭素はオマケに、アンモニアいちばん最後に
次が、気体の分子だ。
「○○素、と素が着くものは、さみしがりや、いつもふたつペアで飛び回っている」
酸素、水素、窒素、塩素
ここで二時間は、時間切れ。ちょっと一時間で化学式を終わられるのは無理があるようだ。


|

« 【授業】化学式を使おう(1) | トップページ | 【授業】『原子みんな寄せたら(・_・)......ン?』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【授業】化学式を使おう(2):

« 【授業】化学式を使おう(1) | トップページ | 【授業】『原子みんな寄せたら(・_・)......ン?』 »