« 定点観測地に花茎が | トップページ | 【Web更新9/21】「ヒガンバナ情報2008」更新 »

白いヒガンバナも開花!!

Dscf5966▼彼岸の入りの昨日。ヒガンバナがいろんなところで開花をはじめたようである。今年は少し遅れているのかも知れないが、毎年この時期に確実に日本の人里の風景が一変する、赤く燃え立つヒガンバナの行列、絨毯である。これに魅せられた人が多くいてもなんの不思議ではないだろう。
我が家の定点観測地の花茎も猛スピードで「彼岸中日」に帳尻をあわせようとしている。みているあいだにも伸びているのではと思えるぐらいのスピードである。
Dscf5960_2
▼昨日、我がの庭で、もうひとつの「発見」をした。それは白いヒガンバナである。長年ヒガンバナを追いかけるなかで、当然この白いヒガンバナにも興味をもったことがある。ぜひ、身近に育て、いつでも楽しめたらいいのにと思っていた。そしたら、数年前に、いつもネットでお世話になり、私のHPづくりの師匠でもあるイルカさんから、「うちにあるから鱗茎おくりましょうか」と分けていただいたのだ。分けていただいた鱗茎を、花壇に植えていた、それが昨年あたりから開花しだしたのである。花茎が伸びているのも気づかずにいた、毎日のみていたはずなのに、今年は花茎も何本かのびてきている。少しの期間はこの「白いヒガンバナ」も楽しめる。ありがたいことである。
▼この他に、白いヒガンバナの鱗茎を、見ず知らずの方から、送っていただいた経験がある。それは、ネットで知った方が、それでは分けてあげようと送ってくださったのである。その方から送ってくださった分は、休耕田のなかに植えていた、そこの畑をつぶしてしまった関係で、残念なことに「行方不明」となってしまった。せっかくの好意を申し訳ない。それにしても面白い。
「ビカンバナ」をネタにヒューマンネットワークを楽しんでいるのか。ヒューマンネットワークを生かして「ヒガンバナ」を楽しんでいるのか。
どちらもある。フィフティフィフティである。
たしかなこと、それらは相乗効果によりヒューマンネットワークの輪は広がっていっているということである。

|

« 定点観測地に花茎が | トップページ | 【Web更新9/21】「ヒガンバナ情報2008」更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白いヒガンバナも開花!!:

« 定点観測地に花茎が | トップページ | 【Web更新9/21】「ヒガンバナ情報2008」更新 »