« 『日本ヒガンバナ学会』2度目のシーズンに | トップページ | 新・「自由研究」のすすめ試論(4) »

【Web更新8/24】『「理科の自由研究」の研究』

Dscf4682 うつろうや 残暑の空 淡く染め
  08/08/20 (水)撮影@安富
楠田 純一の【理科の部屋】の週末定例更新のお知らせ

◆表紙画像2008 百日紅
 今、校庭でみられる色の花。それはないもの考えていた、夾竹桃は白いモノばかりだし、この百日紅こそがと思っていたけど、それに気づかなかった。
 忽然と、秋の空にかわりつつある天空を突くように、先端の方から花が見え始めた。
「百日紅」というぐらいだから、うんと長い期間咲いているはずだがそうではなかった。私が気づかなかっただけかも知れないが。でも、淡いピンクはきれいだ。校舎の2階のベランダから撮ってみた。
夏休みが終わって登校してきた生徒は、この淡い色を楽しむことできるかな。それまで持ってほしいものである。

◆「「理科の自由研究」の研究」ページ更新
 更新といっても、ここのblogの関連記事とリンクしたにすぎない。
それでも、そのときどきに書いたもの集めて、つながあわしたり、組み合わせを変えてみると、けっこうあらたな視点があらわれたりして面白い。
 今週末の紀の国オフでは、その時点までで、自分にわかったことを発表してみようと思っている。
「研究」ということでは、大先達ばかりを前にして、こんなこと語るのは、すごく恥ずかしいのだが、自分の浅学無知をさらすのも、「研究」を等身大にひきつけるひとつの道かなと考えてやってみる。
◇題して『新・自由研究のすすめ試論』である。

◇ヒガンバナの季節が近づき『日本ヒガンバナ学会』の方も動き出すだろう。
 夏休み最後の一週間、多忙な日々になりそうだ。
それも、また楽し

|

« 『日本ヒガンバナ学会』2度目のシーズンに | トップページ | 新・「自由研究」のすすめ試論(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/42264834

この記事へのトラックバック一覧です: 【Web更新8/24】『「理科の自由研究」の研究』:

« 『日本ヒガンバナ学会』2度目のシーズンに | トップページ | 新・「自由研究」のすすめ試論(4) »