« 人から「学ぶ」ことは楽しい | トップページ | 南方熊楠と「研究」 »

【Web更新8/10】『「理科の自由研究」の研究』更新

Dscf4127 ツバキの実 秋へ色づく 西の藪
 08/08/08 (金)撮影@安富

楠田純一の【理科の部屋】 の定例更新のお知らせ

一週間をふりかえりながらの更新である。
このblogへアクセスしてくださる方が、一日の平均が100人を越えるようになってきた。
夏休みであることや、旬の「夏休みの自由研究」のことを書き込んでいることが多いからであろうか。
いずれにしても「情報は発信するところに集まる」ということなれば、うれしいな。

表紙画像 校庭の樹木シリーズ ツバキの実
 8月7日(木)が立秋であった。これは暦のうえでのこととばかり思っていた。
しかし、空をみていると、あきらかに変化している。大きな「岩」が、あきらかに砕け「石ころ」「砂」に向かっている。
吹く風も…。どこか「秋」を知らせているようにも。
 そうしてみると、あらためて 先人たちの「観察眼」に驚く。
 道後公園でみた、ツバキが印象に残っていた。そこで、我が校庭にもと捜してみていた。
それは、ごくごく身近にあった。毎日の散歩道にもあったのである。
 かま からだしたての焼き物のように、それは秋へと色づいていた。とても素晴らしい色具合だ。
自然がつくりだす「作品」は、たとえようもなく美しい。

「理科の自由研究」の研究 更新
 この一週間は、私自身の自由研究のテーマ「これからの理科の自由研究の研究」について考える機会が多かった。この一週間blogを、Webの方に貼り付けておいた。
 「理科の自由研究」の「これから」を考えていると、なにかいつか「理科」のこれからを考えているような気がしてきた。もっと言えば「授業」「学校教育」「学問」のこれからを考えているような気がしてきた。
 「学び」のスタイルが大きく変わろうとしているのではないだろうか。
 変化のときにあっては、原点が大切である。
 「自由研究」の原点と「学び」の原点とはある部分一致するはず。

遅々たる歩みになろうとも「これから」を考え続けてみよう。


 

|

« 人から「学ぶ」ことは楽しい | トップページ | 南方熊楠と「研究」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/42132594

この記事へのトラックバック一覧です: 【Web更新8/10】『「理科の自由研究」の研究』更新:

« 人から「学ぶ」ことは楽しい | トップページ | 南方熊楠と「研究」 »