« 『思考の整理学』を読む。 | トップページ | 【Web更新8/3】「理科の自由研究」の研究 »

「理科の自由研究」最大のねらいは

▼昨夜、MLで山口県の寺田勉先生が

2009年春のスギ花粉飛散量は、過去22年間で「2~3番目に多い年」になりそうです。
飛散量の原因因子はいろいろあると思いますが、前年の7月の気温が一番関係していると考えています

という情報を発信しておられた。
先生は自らのHP「わくわくどきどきサイエンス」
20年あまりにわたり、スギ花粉飛散量を測定し、スギ花粉カレンダーの形式情報発信してこられた。
その「研究」にもとづく予想である。この「研究」の継続性、ネットを駆使されていることの先駆性に感動するばかりである。
 私は、この山口先生の「研究」に、これからの「自由研究」を考えるときのヒントがあると思う。
▼自由研究の「歴史」についての論文
◆『理科の自由研究の系譜と附属小学校における児童の意識』(安藤, 秀俊 海野, 桃子 福岡教育大学)
を紹介したことがある。
 そこには、自由研究がどのように変遷をしてきたか。
また、それぞれの時代背景、社会背景を受けながら今日まできていることがわかって、とても興味深い。
この論文の末尾にも書かれていることであるが
 「理科の楽しさを知る手段として」の自由研究を考えて、今日の理科教育に生かしていきたいものである。
▼そこで、私の結論である。
自由研究の最大のねらいは 学ぶことの面白さの発見 である。
ぜひ、この自由研究を機会に、学ぶこと、知ること、研究することは こんなにも楽しく面白いものなのか、ということをぜひとも発見してほしいのだ。
 うまくまとめるとか。何々の賞がもらえるとか。そんなことは、二の次三の次である。
ときには、この研究が一生つづくものの「はじまり」になるかも知れない。
理科・科学の面白さ、楽しさは、それに充分に耐えられるものである。
それは、確信がある。
 みんな どんな「面白さ」発見しているかな まだ迷っているかな。
Dscf3957▼私も継続観察をつづけておこう。
大賀ハスだ。
「波瀾万丈期」である。
まだまだ、あらたに芽をだしてきた葉もある。
我先にと
「もっと 光を!!」を受けんと立ち上がり他の葉を覆い隠そうとするものあり
その役割をまっとうし、枯れゆくものもある。
それぞれに「波瀾万丈」である。
そして、真夏の太陽から いっぱいエネルギーを吸収し
「生産」を繰り返す。
二酸化炭素と水を原料として 栄養を「生産」する。
なんと 偉大なる営みだ。
何十億年と繰り返して営み 
すべての営みは ここに起因する。
そんな眼で 大賀ハスを再度みていると 
愛おしくもなり 「おまえ すごいな!!」と声をかけたくなる。
やっぱり、そうだ。
「発見」はここにもある。\(^o^)/

|

« 『思考の整理学』を読む。 | トップページ | 【Web更新8/3】「理科の自由研究」の研究 »

コメント

大学で教職課程をとっており、授業の一環で自由研究のねらいを調べることとなりました。
将来は理科の教員を目指しており、この日記?にとても共感を覚えました!!
中学のころ大好きになった理科を楽しく学んでもらいたい!理科の楽しさ、学ぶ楽しさ、発見する喜びを伝えたいです(*^-^)

投稿: ごっち | 2009/04/23 17:59

コメントありがとうございます。
今年もまたこれを考える季節が近づいています。
試論のつづきを書きたいと思っています。
いろいろご意見をください。
学び続ける教師をめざしてがんばってください。

投稿: 楠田純一 | 2009/04/24 05:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/42045160

この記事へのトラックバック一覧です: 「理科の自由研究」最大のねらいは:

« 『思考の整理学』を読む。 | トップページ | 【Web更新8/3】「理科の自由研究」の研究 »