« 新・「自由研究」のすすめ試論 | トップページ | 自由研究は、一生の「宝もの」のはじまり »

「日常」にこそ、科学はある。

▼できるだけふだんの「生活」のリズムを取り返したい。
それには、決まった時間に決まったことをすること。
それが一番だ。
朝の2つの「散歩」これは、定番メニューだ。
季節の移り変わりも、日の出の時間のちがいも
ときには、それは自分自身の心の変化すら見えてきたりする。
私にとっての「散歩」は、変化をする自然を観察するため(ときには自分の心の変化をみるため)の
「座標軸をとる」ような営みである。
Dscf4049▼確か、明日、7日は立秋ではなかったかな。暦の上で秋である。
こんな暑い、暑い毎日なのに「秋」だなんて
でも、よく「観ている」と、小さな秋は確実にやってきている
栗は確実に実をつけ生長し、
ツバキの実は色づき 
空は、どうだろう 
まだ、まだ モクモクとした雲だ。
垂直方向移動の雲だ。「上がるとザアザア…」の雲だ。
これが、水平方向移動の雲になったら 秋はやってくる。

子規は「夏雲は岩の如く、秋雲は砂の如く」と言ったという。
なんという観察眼だ。
Dscf4080▼朝方から「岩の如く」を見ていたので、
またしても、思っていたら やっぱりそうなった。
「上がるとザアザア…」の実験が目の前展開されてしまった。
遠くでは カミナリまで鳴り出した。
そうだ。
私たちは、この「大気の大物理実験室」で生活しているのである。
特別の実験道具が必要なわけでも
ただ、ただ「ていねいに」空を、雲を みているだけでいい。
ここにもと言うか、ここにこそ「科学」の始まりがある。
自由研究ネタなんて、そこらにゴロゴロしているだ。
それは
「日常」のなかにこそ、科学はあるのだから!

|

« 新・「自由研究」のすすめ試論 | トップページ | 自由研究は、一生の「宝もの」のはじまり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/42079285

この記事へのトラックバック一覧です: 「日常」にこそ、科学はある。:

« 新・「自由研究」のすすめ試論 | トップページ | 自由研究は、一生の「宝もの」のはじまり »