« 「自由研究」を「学習指導要領」に読む。 | トップページ | 枯れはじめた大賀ハス »

もうひとつの「宿題」は

Dscf4342▼ 昨日は、久しぶりに学校の定例の散歩コースからはなれて、モリアオガエル「観察池」の方に行ってみた。
あきらかに、季節がうつりかわろうとしているのを感じた。
空の雲は、うすくなってきて、さらにはそこをトンボたちが飛んでいる。
 観察池には、オタマの姿はもちろんない。あいからずイモリくんたちが、ときどき水面にあらわれてきている。
水面では、大きなアメンボが、「大運動会」を展開している。
(゚o゚)ゲッ!!アメンボってこんなに速く動くんだったのかな。
おそろしいスピードだ。「狩り」をしているんだろうな。
数分間だけの「観察会」だった。
▼夏休みが折り返し点をすぎて、ペルセウス座の流星群の観察があって、そしてお盆に突入して…。
何十年と繰り返してきている「夏休みのパターン」だ。
このころになると、きまって「宿題」が気になってくる。
夏休みの残りの日数と、残っている「宿題」を見比べてみる。
ちょっとあせる気持ちがうまれてくるのもこのころである。
▼自分に課した「宿題」は、大きくは2つであったはず。

●夏休みにしかできない「学び」「学び合い」を楽しむ
●空間の「整理」・情報の「整理」をすすめる。

 前者の方は、「これからの理科の自由研究の研究」をはじめとして、けっこうすすんできているように自負している。
 問題は、後者の方である。
後者についても夏休みバージョンがあったはず、学期中にはなかなかできていなことを、時間をかけてやってしまっておかなれれば…。
 ここへ来て、「あせる」気持ちが出てきた。
 今日、明日と学校につめて、ここのところ「集中」してやってみよう。
よし p(^^)qガンバッテ!

|

« 「自由研究」を「学習指導要領」に読む。 | トップページ | 枯れはじめた大賀ハス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もうひとつの「宿題」は:

« 「自由研究」を「学習指導要領」に読む。 | トップページ | 枯れはじめた大賀ハス »