« 新・「自由研究」のすすめ試論(4) | トップページ | 「学び合う」ことは楽しい »

新・「自由研究」のすすめ試論(5)

Dscf4778▼『日本ヒガンバナ学会』のことをここにあげて、少しヒガンバナに少し意識がいくようになった。まずは「ナツズイセン」や「キツネノカミソリ」だろうと、我が家の「ナツズイセン」観測の場所にいくが、その気配はない。まわりはどうだろうと、注意してみる。転勤になって、行動範囲が少しかわってきたので…。と思っていると、そんなことはなかった、どこにだって「ナツズイセン」は咲いているのである。
 通勤路、2ヶ所。家のまわりにに一ヶ所みつけた。でも、前にみかけていた場所にはない。どういうことだろう、球根を掘り起こしたりしでもしたのだろうか。「キツネノカミソリ」の方の定点観測にはでかけていないが、きっともう咲いているだろうな。
▼新・「自由研究」のすすめ試論の方、タイムリミットが近づいている。とりあえず、ここまでのことを並べてみる。
試論だから、結論ではない。
 ここのblogにこの夏に書いてきたことを並べてみる。(余談になるが、このblogというものは、こんな作業をするのに便利なものである。)自分の書いたものを引っ張ってきて並べるだけの話。

●10年前の私の提案から
(1) 研究の成果をデジタル処理をしていく。
(2) インタラクティブな研究の可能性を追求する。
(3) 遠隔地との共同研究を実現する。
(4) Webページ上に研究発表(情報発信)をしていく。

●最高のヒント集は、自然そのものだ。!!
●すべての感性の窓を開いて 謎をみつけよ 「謎解き」こそ科学だ。!!
●「学び」は面白く楽しい! 「学び合い」は、もっと面白く もっと楽しい!! 

●自由研究の最大のねらいは 学ぶことの面白さの発見 である。

●自由研究ネタなんて、そこらにゴロゴロしているのだ。
 「日常」のなかにこそ、科学はあるのだから! 

●自由研究は、一生の「宝もの」のはじまり

●親子で、共同して不思議を追いかける。科学する。とても楽しいではないか。

●【自由研究のねらい】 
 「学ぶこと」「学び合うこと」の楽しさ・面白さの発見

●最大のヒント集は「自然そのもの」である。
 多くのマニュアル本。「ヒント集」本が出回っている。それなりに面白いかも知れないが、やっばり最高は
「自然そのもの」だ。最高の教科書が「自然」そのものであるように…

●科学史・技術史は、ネタの宝庫
 人がはじめにそのもの・その現象に出会ったときの不思議感覚
 感動は時空を超えて共通するものがある。

●等身大の「不思議」「疑問」「感動」を大切にしよう。

●プロの「研究者」から学ぼう。
 そのスタイル、面白さ、スキル等々
 自分のまわりにいっぱいいるプロの「研究」家 その「発見」もまた楽しい。
 ホンモノは必ず応えてくれる。

●「新・自由研究のすすめ」の究極は、新・学問のすすめに行きつく。
新・学問のすすめは時代の要請である。
「知」の集積回路を手に入れつつある現代、「知恵」の集積を含めた
「新・学問のすすめ」の登場が必要。

●「研究」のプロは、なにも大学や研究所だけにいるわけではない。

●自由研究は「等身大」であるべき。
 「等身大」であるからこそ 「感動」がある。
 等身大の感動こそが 人をも感動させる そして「学び合い」がはじまる。
 学び合いは 感動を増幅させ 次なる「研究」を生む 

●自分から「もっと知りたい」「この不思議をわかりたい」「もっと勉強したい」という気持ちなるきっかけとなったら、これは大成功だ。 

●「研究」は、創造的な営みなってこそ、「研究」の名に値するのである。

●等身大の「謎解き」の旅=「研究」

結論ではない。書き留めたものを並べただけだ。
▼とんでもない飛躍したことかもしれないが、現時点での【仮説】と【提案】もあげておく。
【仮説 その1】
 「知の巨人」南方熊楠の「研究」に、こらからの「自由研究」を示唆するものがある。

【提案 その1】
 まわりの大人(親・教師)も、「自由研究」をはじめよう。それが究極の「自由研究のすすめ」になる。
さらには、それが「最新・学問のすすめ」になる。

【提案 その2】
 プロの研究者(研究者であることを自認するすべての人)は、自分の「研究」の面白さ、楽しさを多くの人に伝えてほしい。未来の自分の「研究」のためにも。

読み返していると少し恥ずかしくなってくる大言壮語だ。(^^ゞポリポリ
さあ、先達たちはどんなコメントをくださるだろう。それが、楽しみ…。

|

« 新・「自由研究」のすすめ試論(4) | トップページ | 「学び合う」ことは楽しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62729/42287722

この記事へのトラックバック一覧です: 新・「自由研究」のすすめ試論(5):

« 新・「自由研究」のすすめ試論(4) | トップページ | 「学び合う」ことは楽しい »