« 【授業】電磁石ー3 | トップページ | 【授業】コイルと磁界 »

【授業】直線電流のまわりの磁界

▼かつて、今から12~13年前に、森山和道さんは「ネットワークと教育」のなかに次のように書いた。

マルチメディア時代──とは、10年に一度しか閲覧されない資料を、どんどんどんどん蓄積していく時代なのかもしれない。

そういう風に考えていくと、別に教育現場にコンピュータ・ネットワークなんか必要ないんじゃないか──そんな風に思えてくるかもしれない。しかし、それは違う。各人が全く違う目的で蓄積したデータベースや、全く違う目的のために造られたネットワークがシームレスに繋がっていくのが「ネットワーク時代」である。全く違う知識・思考方を、全世界規模で共有することができるのだ。

例えば、それぞれの教師が自分の授業ノート・データベースを構築し、公開する。それは巨大な授業のデータベースとなるだろう。それだけで、全く違う授業が生まれるかもしれない。

何度も引用させてもらっている。
 私が、拙い授業をblogに綴っていこうとしているのも、ここに意義を見出しているからかもしれない。
▼授業報告をつづける。
「電流」と「磁界」の出会いの授業「電磁石」のあとは
再び問う。
それでは、「一本の導線に電流が流れても、磁界はできるのか」
問いながらも、これは発問ではない。
考えさせるのではない。
先に説明をしてしまう。「科学読み物」で。
教科書の説明図も使いながら…。黒板と指示棒を使いながら
あるいはガスバーナーのゴム管を使いながら(これは、グルッと輪にすることもできるので、後のコイルに発展していくときにも説明に便利。)
 ともかく、あの手・この手で「右ねじの法則」を説明をする。
 「右ねじの法則」は、それを憶えることが目的ではない。
使えることに意味がある。
 直線電流を方位磁針のうえ、下で流してみる
それこそ、ここらあたりは10年以上前の授業記録「5-直線電流のまわりの磁界」のままである。
やってみる。
ほんとうに方位磁針はふれるのである。
一本の線に電流がちょっと流れただけなのに…。
それも、「右ねじの法則」のとおり。
やっぱり、不思議で 感動なのである。
▼ そして、とどめは「磁石石」の話を持ってくる。
自然界で、このダイナミックに行われてきた。
その「化石」が「磁石石」なんだ、というシナリオである。

googleで今 「磁石石」を検索してみる。
私のつくった科学読み物『雷の化石「磁石石」』は第二番目にヒットする。
 第一は、もちろん須佐高山の「磁石石」の本家・本元である。今は、何と「動画」まで駆使して、紹介してある。
ありがたい。

授業で使う「科学読み物」も、こんなかたちで発展させるのも面白いかもしれない。
「またくわしくは、Webで確認をしておいてください」なんてかたちで終わる。
そんな時代は、もうそこまで来ているのかも知れない。

|

« 【授業】電磁石ー3 | トップページ | 【授業】コイルと磁界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【授業】直線電流のまわりの磁界:

« 【授業】電磁石ー3 | トップページ | 【授業】コイルと磁界 »